ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

看護師転職

シングルマザー看護師の給付金・夜勤など両立する方法はある?

更新日:

看護師の仕事が辛い。辞めたい。
でも、私が仕事を辞めてしまうと子供も生活が出来なくなってしまう。

看護師はシングルマザーの割合が多い職業です。
「給料がいいから大丈夫でしょ?」と思われがちですが、重労働な上に夜勤や命を扱うプレッシャーで追い詰められやすい働き方です。
それでも子供を守り育てるために、必死に頑張っているのです。

今回は、シングルマザー看護師に向いている働き方、向いていない働き方、夜勤事情、もらえる助成金などをまとめてみました。

シングルマザーの看護師さんの少しでも助けになると嬉しいです。

 

シングルマザーが国や自治体からもらえる手当や給付金は?

シングルマザーで一番大変なことは「お金」の問題ではないでしょうか。
看護師として仕事を頑張るのも、子育てには沢山のお金が必要になります。

経済的に大変なシングルマザーを救済するために、国や自治体から様々な手当や給付金が支給されます。

例えば、
・ 児童手当
・ 児童扶養手当
・ 特別児童扶養手当
・ ひとり親家庭医療費助成制度
・ 乳幼児や義務教育就学児の医療費助成
・ 児童育成手当(東京都独自の手当)
などがあります。

自治体によってもらえる助成金や申請方法が異なります
市所などで受給できる手当がないか?を聞いて、もらえる物は忘れずに支給してもらいましょう。

給料を生活費に、手当などで支給されたものには手を付けずに子供の貯金に回すなどして、将来に備えているシングルマザー看護師さんも多くいます。

 

シングルマザー看護師の夜勤事情

○夜勤の時に子供を誰に預けてる?

看護師として働いているシングルマザーが一番葛藤することは、「夜勤」ではないでしょうか。
常勤勤務だど、夜勤を免除してもらうことは難しい。でも、夜子供を置いて働きに出なければならない。
生活費を稼いだり、貯金をするためとはいえ、辛いですよね。

シングルマザー看護師として働いている皆さんは、どのようにして夜勤を乗り切っているのでしょうか?

・親にサポートしてもらう
・行政サービスや院内保育を利用する

大きく分けて、このどちらかになります。
親にサポートしてもらう場合は、多少の時間が伸びても融通が利きやすい点がメリットです。
しかし、親が「孫疲れ」したり、仕事をしている場合は、気を使ってしまうこともあります。

保育所などの行政サービスは預けやすいですが、残業などになった際に時間ギリギリになってしまうことがあります。
院内保育ならばそういった点は気にしなくてもいいのですが、イベントも少なく規模も小さいため子供が育つ上で「もっと沢山の経験をしたり、多くの人と触れ合える環境の方がいいのではないか?」という葛藤を抱える看護師さんもいます。

そのため3歳を超えた時点で、保育園や幼稚園に転園させる看護師さんも沢山います。

○シングルマザー看護師の夜勤回数は?

入院施設のある病院勤務の場合、どうしても夜勤って回ってきますよね。
子育てに理解のある病院だと夜勤を免除される場合もありますが、子供が2歳を過ぎるとシングルマザー看護師でも看護師長から夜勤に入る様に言われることがよくあります。
病院としては、夜勤に入れる人間が多い方がシフト的にも楽だし、医療加算が増えるので夜勤に入れたがりたいでしょう。

シングルマザー看護師の場合、最低月に2回は夜勤に入る様に打診されることが多いです。
子供の成長に合わせて回数も増えていく傾向にあるので、病棟看護師はシングルであろうがなかろうが夜勤を打診されるものだと思っておきましょう。

 

シングルマザー看護師に向いている働き方、向いていない働き方

子育てと仕事の両立を求められるシングルマザー看護師にとって、働きやすい職場とそうでない職場があります。
今の職場が働きづらくて辞めたいと考えているのならば、働きやすい職場の特徴を覚えておいて転職活動に役立ててください。

○シングルマザー看護師に向いている働き方

・夜勤のない外来やクリニック
シングルマザーが看護師として働く上で一番のネックとなるのが「夜勤」です。
夜勤があると夜一緒にご飯を食べたり、子供から1日の出来事を聞いてあげる時間が取れません
子供が起きている時間に睡眠を取らなければならないしんどさもあります。
子供が小学生にもなると、勤務場所によっては院内保育から小学校に通わせるわけにもいかなくなります。
ということで、思い切って夜勤のない職場を選ぶ看護師さんもいます。

・デイサービスなどの介護施設
看護師の活躍の場は、病院だけではありません。
デイサービスのような介護施設でも、看護師のニーズは高いです。

主な仕事は、利用者の健康管理になります。
施設によっては、入浴やトイレの介助が含まれるところもありますが、病棟勤務に比べるとゆったりと仕事ができる施設が多めです。
さらにデイサービスの場合、利用時間が決まっているので、残業になることがほとんどありません。
医療行為も少ないので、病院勤務よりもプレッシャーが少なくて助かっている看護師さんもいます。
精神的なストレスが少なく、定時に帰れるという点が、シングルマザー看護師にとってもメリットの職場です。

・美容クリニック
夜勤がないという点、そして健康な人が通院してくるという点で働きやすいと言われている職場です。
美容クリニック看護師の主な仕事は、診察補助やレーザー施術、注射などです。

予約制を取っている美容クリニックもあり、比較的定時に帰る事ができると言われています。

シングルマザー看護師が美容クリニックを選ぶ最大の理由は、「給料の良さ」です。
美容クリニックでは、自由診療の割合が多くなります。
その分、看護師の待遇も良くなりやすいのです。

ただし美容クリニックの中には、
・看護師に接客ノルマを課している
・ある程度ビジュアル重視の採用になる
・過去に違法行為をした医師が運営している
所もあるので、入職前にチェックしておきましょう。

○シングルマザー看護師に向いていない働き方は?

子育てと生活費を稼ぐことを両立するために、収入重視で仕事を選んでいるシングルマザー看護師もいます。
高い収入と引き換えに、彼女たちが苦悩する点についても見てみましょう。

・オンコールが多い職場
自宅待機中に子供との時間が取れそうだと思いがちですが、現実は厳しいです。
呼び出しが掛かればすぐに出勤しなければならないので、子供と遠出することもできません。
家に居てもリラックスできず、精神的な負担が大きくなります。

急患時に子供を置いて出かけなければならない切なさと給料。
子育てとの両立を考えると、どちらを選んだらよいのか苦悩しているシングルマザー看護師も多くいます。

・残業や夜勤が多い職場
残業や夜勤が多い職場では、残業手当や夜勤手当などが増えて収入は多くなります。
しかし、残業・夜勤が多い職場の代表的な診療科は、「集中治療室」、「オペ室」、「緊急外来」などのハードな部署ばかりです。

これらの部署では、残業・夜勤ができるという事以外にも、
・強靭な精神力
・高いスキル
・疾病や治療法についての幅広い知識
が求められます。

看護師としてのスキルを伸ばすには最適の職場ですが、看護レベルを維持向上するためには常に勉強し続けなければなりません。
時間外の勉強会に参加したり、休日に専門書を読んだり、資格取得の勉強をしたり…。
子供だけに意識を注ぐ時間との両立に悩むシングルマザー看護師も多い部署です。

また、急患発生時は持ち場を離れることはできません。
「子供がいるので…」が通用しづらい職場でもあるのです。

親のサポートがない限り、仕事と育児の両立が難しい部署であることを覚えておいてください。

 

シングルマザー看護師が子育てと両立できる職場を探すときの注意点

○「日勤」という言葉に惑わされ過ぎない

子供との生活を重視したいから「日勤」に絞って探される方が陥りやすいのですが、「日勤=子供と接する時間が確実に増えるとは限らない」ということです。

・日勤だけど、残業が多い
・日勤と聞いていたのに、終業時眼が20時だった
などのように、想定していなかった勤務環境であることもあります。

日勤の定義が病院によって違っていたり、人手不足で長時間残業が蔓延していたり…。
実際の労働環境とのギャップが大きすぎて、続けていくことが難しくなる場合もあります。

「日勤だから」ではなく、「シングルマザー看護師に理解のある職場」を選んだ方が、長い目で見た時に働きやすいと感じやすいでしょう。

○夜勤専従看護師も、日中に出勤しなければならない

夜勤専従看護師の場合、夕方からのみ病院に行けばいいと思われがちです。
しかし、夜勤専従という勤務体系を取っているだけで、常勤看護師という立場は日勤夜勤をこなしている看護師と変わりません。
勉強会や病棟会がある時は、日勤の時間帯に病院に出向かなければなりません
委員会や研修などで、休みの日に呼び出されることもあります。

「夜勤専従だから、昼間は毎日子供と接することができる」という訳でないという事を覚えておいてください。

○子供の成長に合わせて勤務先のタイプを変えてみることも検討する

子供が小さいうちは側にいてあげたいと気持ちは、シングルマザー共通の思いでしょう。
看護師は、夜間に子供の側を離れないと行けない機会が多いため、葛藤も大きくなりがちです。

特に小学生までのお子さんがいると、夜勤に入ることを躊躇いがちになりますよね。
もし、「まだ子供に留守番をさせて、夜勤はしたくない」という考えならば、子供が小さいうちは給料よりも夜勤のない働き方。
子供が成長してきたら、給料面を重視したり、病棟勤務に戻るといったように、働き方を変えてもいいと思います。

一番大切な事は、ただでも負担の多いあなたが、少しでも笑顔で子供と接することのできる働き方を選ぶことではないでしょうか。

 

シングルマザーでも子育てと仕事を両立できる職場を探しているのならば

ここまでシングルマザー看護師が子育てと仕事を両立できる働き方についてご紹介してきました。
では、具体的にどうやって両立に向いた職場を探したらいいのでしょうか?

ポイントは2つあります。

・働いている看護師の年齢層に注目してみる
病院全体や配属される部署の看護師の年齢層を聞いてみましょう。
まんべんなく揃っている、もしくはあなたと近い年齢の人が多い部署は、あなたに似た働き方をしている看護師もいる可能性が高いです。

逆に若い看護師かベテラン看護師しかいない病院には、気を付けてください。
結婚や出産後に働きづらい原因があったり、他にも問題を抱えていて人が続きにくい病院の可能性があります。

・シングルマザー看護師がどれだけいるか聞いてみる
看護師って、意外とシングルマザー率が高い職業です。
気になっている病院や部署に、どれくらいシングルマザーが看護師として勤務しているかを質問してみましょう。
あなたと同じように子育てと仕事の両立をしている看護師が多い病院は、シングルマザーへの理解がある職場だと判断できます。
さらに、シングルマザー看護師はどんな働き方をしているのかも聞いてみると、入職後の働き方が想像しやすくなりますよ。

ただこういったデリケートな質問って、面接では聞きづらいですよね。
そんな時は看護師専門の「転職支援サービス」に相談してみるといいですよ。
あなたの事情や望む働き方をヒアリングした上で、どんな環境が働きやすいのかを秘密厳守&無料でアドバイスしてくれます。

また転職エージェントは、人気の病院の求人情報などを、非公開求人を沢山持っています。

自己応募では受け付けてくれない病院も、転職エージェント経由で応募すると面接してくれることも多いですよ。

応募先の医療機関の人員体制や内情も事前に教えてくれるので、入職してからの「こんなはずじゃなかった」を少なくできますよ。

転職エージェントの中でも、ぜひ利用してもらいたいのが、内部情報の提供に定評がある、無料転職サービスの「マイナビ看護」。

利用満足度NO,1:マイナビ看護


マイナビ看護は日本最大級の看護師求人サイトです。
それゆえに、他社に比べてこれまでのサポート実績が圧倒的に多いですね。

  • 他の病院の内情を詳しく知りたい
  • 今すぐ辞めたいけど、あと一押しが欲しい
  • 給料を上げたい&休みが欲しい

こう思っている方にオススメです。

=========================
【利用者が感じたメリットのまとめ!】
①他の病院は不安だったが、実際に病院の内部事情を知っているスタッフがいて安心できた。
②8回転職したけど、ここで長く働けそうな職場を見つけられた。
聞けない給料&雇用面をスタッフの方が交渉してくれた。
④求人がたくさんあって、希望していた病院がいくつか見つかった。
=========================

これが全て無料でサポートが受けられます。
看護のお仕事はサービス面において、満足度NO,1なのが伺えますね。

-看護師転職
-, , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2018 All Rights Reserved.