ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

看護師 看護師の転職事情

眼科看護師は心身の負担が軽くて、知識も身に付くって本当?夜勤なしでOK?

更新日:

意外にコアな診療科と言われる、眼科。
眼科病棟自体が少ないので、自然と希望する看護師が少なくなるんです。

でも、実は看護師にとっては負担の少ない診療科だって知っていましたか?

今回は、「眼科看護師のお仕事」と「メリット、デメリット」についてまとめてみました。
眼科に興味を持つきっかけになってもらえれば幸いです。

 

眼科看護師のお仕事内容は?

眼科看護師って、どんな仕事をしているのか気になりますよね。
眼科看護師は、勤務先に入院施設やオペ設備があるかどうかで仕事内容が異なります。

○外来だけの眼科看護師の場合

・目の洗浄や点眼処置
・採血や注射など
・カルテ出し
・患者さんの誘導や診察補助
・検査の補助

検査については視能訓練士がいる病院の場合は視能訓練士がおこなってくれますが、いない場合は看護師が行うことになります。

・視力や眼圧、視野、屈折検査
・両眼視能、眼筋機能検査
・超音波、電気生理、角膜形状検査
・眼底前眼部の撮影など

また、弱視訓練や斜視訓練なども看護師が行うことがあります。

「こんな検査や訓練できるかな?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、他の科から転科してきた看護師も仕事を通して覚える事ができる内容です。

○入院施設やオペ設備がある眼科看護師の場合

総合病院の眼科など、入院施設やオペ設備がある眼科の場合、外来の内容にそれぞれの仕事プラスされます。

・手術前後に患者さんへの説明
・手術の介助
・手術機器の手入れ

・患者さんの入院生活のサポート
・術後の経過観察や処置

眼科看護師の活躍の場は、「総合病院」や「眼科クリニック」がメインになります。
最近では、レーシック手術を専門に行っているクリニックもあり、そこでは手術介助がメイン業務になります。

眼科は他の科と比べて、病院や部署によって業務範囲が大きく異なってきます。
看護師がどこまで受け持つのか?といった業務区分をしっかり聞いた上で入職することをオススメします。

 

眼科看護師として働くメリット

○夜勤が必要な施設が少ない

眼科は総合病院の数よりクリニックの方が圧倒的に多い診療科です。
入院設備がないことが多いので、夜勤がほぼありません。
総合病院勤務の眼科看護師として働きたい場合も、「外来」の看護師として勤務すれば夜勤がなくなります。

○体力的に楽で、プレッシャーも少ない

眼科は自分で動くことができる患者さんがほとんどなので、介助することはほとんどありません。
生命の危機に直結するような患者さんも少ないので、急性期の病棟看護師に比べると命を預かっているというプレッシャーも少ないです。

○患者さんとのコミュニケーションの取り方や眼科の専門知識が勉強できる

眼科は、看護師が検査機材を操作することの多い部署です。
機材の使い方や検査の仕方を身に付けなければなりません。
病気や治療方法について患者さんに説明する役割もあるので、眼病についての専門知識を勉強することができます。

患者さんに治療方針や薬の使い方を指導するのも眼科看護師の仕事なので、患者さんとのコミュニケーションを取る機会も多めです。

 

眼科看護師として働くデメリット

○覚えることが多い

眼科看護師として働き始めは特に、覚えることだらけです。
疾患名や治療法、検査方法などの沢山の事を覚えなければなりません。

また、他の科では
・手術の介助→オペ室看護師
・入退院のサポート→病棟看護師
と分業されています。

しかし、眼科では看護師が手術の介助や入退院のサポートなどを行わなければなりません。

○眼科の知識は潰しが効かない

眼科は他の診療科と違って、流用できる知識が少ない分野です。
眼科一本でやっていきたい看護師ならば、その領域を極めてもらえばいいでしょう。
しかし、いずれ他の科への異動や転職を考えている看護師は、他の診療科では眼科の知識はあまり活用できる機会がないことを覚えておきましょう。

○給料が下がりやすい

眼科クリニックに勤務する看護師の平均年収は、約380万円と言われています。
一般的な病棟看護師と比べて、なんと30万円も低くなります。

眼科クリニックの場合、夜勤がないことが減収の一番の原因になります。
日勤が良いなど、他のメリットがあるのならばよいですが、給料が下がってしまう可能性があることは覚えておきましょう。

また個人経営のクリニックの場合、給与や昇給についての決まりをしっかり決めていない所があります。
面接時に給与ベースや昇給の条件などもきちんと確認しておいた方が良いですよ。

 

眼科看護師を目指すならば

眼科はコアな領域である一方で、メリットも多い働き方ができる分野です。
急性期病棟などで心身共にしんどいと感じているのならば、ライフワークバランスを考える一環として、眼科看護師に転職してみるというのも1つの選択肢です。

その際は先にもお伝えしましたが、デメリットの部分が自分にとって許容できる物なのか?
事前に知って、納得したうえで転職しましょう。

眼科看護師の業務範囲については、面接の際に比較的聞きやすい質問だと思います。
しかし、お給料の事って、正直聞きづらいですよね。

そんな時は、医療機関のあらゆる情報をストックしている看護師の「転職エージェント」に聞いてみるといいですよ。
転職エージェントは多くの医療機関と付き合いがある上に、転職希望者からのヒアリングを通して色々な情報を持っています。
応募先の医療機関の内情だけでなく、給料の算定基準なども教えてくれることがあります。

親身な相談に乗ってくれる:看護のお仕事

「今、職場を辞めたら人手足りなくて迷惑かけるな…」
「同僚から辞めないでねって言われたんだよね」

と思っていませんか?

ハッキリ言いますが、考えるだけ時間のムダです。

もし、病院側があなたに辞めて欲しくないと思っていたら?

あなたが辞めたいと思わないように、労働環境を改善するはずです。

例えば昇給したり、有給休暇を取りやすくしたり....

残念ですが、あなたが職場を辞めても迷惑はかからないってことですよ。

あまり考えすぎずに自分の働きやすい環境を探してください!

看護のお仕事で長く働ける職場を見つける→


内定後に、コンサルタントが年収交渉を行ってくれることもあるので、さらに給与アップにつながるかもしれませんよ。

クリニックの場合、労働基準法をしっかり守れていない所もあります。
長く務めるためにも、労働条件がきちんとしている医療機関を教えてもらってください。

-看護師, 看護師の転職事情
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.