ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

一般企業・公務員 退職・失業の悩み

「仕事辞めたい」のに言えない人へ、言えない理由と対策方法

更新日:

CSS_zangyougirl1292-thumb-1000xauto-12520

「仕事を辞めたい」

そう思っても、よっぽどのことがない限り、なかなか前に踏み出せない人が多いのではないでしょうか?
「上司に一言、『辞めます』と言うだけじゃない」と思われがちですが、それが言えないのには4つの理由がありました。

 

1.辞めた後、どうやって生活したらよいか

退職するということは、就職活動する必要が生じる。
しかし今の待遇以上の会社に入れるという保障はない。
もしかすると、再就職できないかもしれない。
今の会社に不満はあるが、どうにか生活はできる

という心理があるからではないだろうか?

2.上司や同僚に対して、申し訳ない気持ちになる

帰属意識の高い組織に所属している場合は、自分が辞めることに罪悪感を覚えることがある。
仲間と仕事を成しえた後に得る物があるのならば良いが、ただ使い潰されるようなブラック企業の場合は得る物があるのだろうか?

その仕事は「仲間の為」以前に、「自分の為」になっているか?
今一度、よく考えて欲しい。

3.上司に詰め寄られそう

辞めるとなったら上司にその旨を伝えることになるが、上司に怒鳴られたり、強烈な引き留めを受ける可能性がある。
パワハラが横行していたり、日頃から意見を言いづらい環境で起こりがちな光景である。

面倒だから、「辞める」ことを躊躇しているのではないか?

 

4.理由が明確じゃないから

職場に不満があるのだが、「辞める」と言い出すには何かが足りない。
そういう場合は、「明確な理由を自覚していない」のではないだろうか?

 

●モヤモヤする前に、この方法を試してみよう!

「辞めたい」のに、なかなか言い出せない人は、

「嫌」なことを全部紙に書き出してみる

ことをオススメします。
内容は、どんな些細なことでもOK。
ただ、「具体的」に書くことを心がけてください。

例えば、
給料が安い→○万円欲しい
休めない→土日は普通に休みたい

など、理想も含めて書き出してください。
そうすると、何が嫌なのか、傾向が掴めてくるはず。

 

「辞めたい」理由を明確にしておくと、上司や同僚から引き止められても、気持ちが揺らぎにくくなります。

さらに転職する際も条件や志望動機にも結びつきます。
人は変化を嫌うもの。

それでも「辞めたい」と思うのには、

このまま働いても何の為にもならない

という感情に気付いたからでしょう。

 

まずは理由を明確にしてみると、上司に辞意を伝える気持ちに揺らぎがなくなり、
どのタイミングで辞めるべきかも明確になってきます。

一歩踏み出すために、一度現状を整理してみることをオススメします。

【こちらの記事もおすすめ】
▶︎『今あなたの状況で転職できる求人を見つける3つの手順』のページへ進む

-一般企業・公務員, 退職・失業の悩み

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.