ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

看護師 看護師の転職事情

脳外科看護師のやりがいは!?給料はどう?メリットは?

更新日:

人体で重要な器官である「脳」
脳に関わる患者さんに関わる診療科として、脳神経外科があります。

患者さんの命に直結するような重篤患者さんが多いこともり、高いスキルが身に付く診療科でもあります。
とてもやりがいの大きな診療科ですが、脳外科看護師になるためにはどんなスキルや経験が求められるのでしょうか。

今回は、脳外科に転職したい看護師さんからよく挙がる疑問についてまとめてみました。
給料は?仕事内容は?メリットは?求められるスキルは?

脳外科への転職を考えた際の参考にしてみてください。

 

脳外科看護師の仕事内容は?

脳神経外科でよく出会う症例は、脳梗塞やくも膜下出血などの脳血管障害やてんかんなどの機能的疾患などです。
脳外科の患者さんは、症状からコミュニケーションが取りづらいことが多いです。
重篤な患者さんの場合は、痛みにも反応がありません。
そのため、脳外科の看護師の大きな役割は「患者さんをよく観察して、異変を察知する」ということです。
特に開頭手術をした患者さんの場合は、全身を観察しなければなりません。
少しでも容態が変わっているのならば、確認を取るのも重要な仕事の1つです。

他にも、
・呼吸確認や気道確保、バイタルサインのチェック
・瞳孔や意識レベルのチェック
・自覚症状の確認
などがあります。

脳外科の場合、頭蓋内圧が上がると麻痺の原因になったり、死因になることもあります。
患者さんに、頭痛や吐き気、視覚に異常がないかの確認をすることで、急変を防ぐことにつながります。

 

脳外科看護師になるメリットは?

脳外科看護師になるメリットは何でしょうか?

○脳について、専門的に学べる

脳外科は「脳」という1つの分野を深く学ぶ事ができる診療科です。
脳に興味がある看護師さんには、これ以上ないほど恵まれた環境なのです。

また、規模の大きな医療機関の脳外科だと、最先端の機材や術式にも触れる機会に恵まれます。
こうした経験は、看護師としてのキャリアにとって大きなプラスになります。

○患者さんの回復までをサポートできる

脳外科は、救急搬送されてきた患者さんが徐々に回復し、退院していくまでお世話ができる診療科です。
特に重症の患者さんが多くなりがちなので、食事が取れるようになっただけでも嬉しく感じます。
患者さんが日に日に良くなっていく姿を見て、モチベーションが上がるタイプの看護師さんに向いている職場です。

○データを読み取る力がつく

脳外科では、心電図やモニターをチェックする機会が他の診療科よりも多くなります
そのため、示されたデータを読み取る力がアップしやすいです。
医療機関や病状によっては、全身管理を受け持つこともあるので、看護師としてのスキルがグングン伸びやすい特徴があります。

 

脳神経外科看護師に必要なスキル

脳外科の看護師に転職しようとする際には、以下のような経験を求められることがあります。

○看護師として3年程度の経験

看護師として一通りの業務を1人でこなせる技量があるとみなされるには、3年程度の経験が必要です。
ただし、医療機関によっては、未経験の新人でも採用される場合があります

○年齢制限が設けられている場合は、それ未満であること

脳外科看護師の仕事はハードなため、体力的な面を重視される傾向があります。
そのため、40代以上は、業務についていくことが難しいと考える職場もあります。

もし、脳外科看護師を志すのであれば、少しでも早くチャレンジしましょう。

○脳外科で役立つ資格保有者である

脳外科で役立つ資格というのは、
・脳卒中リハビリテーション看護認定看護師
・摂食・嚥下障害看護認定看護師
・皮膚・排泄ケア認定看護師
などです。

 

脳外科看護師の給料

看護技術や経験が身に付きやすい脳外科看護師ですが、給料はどれくらいなのでしょうか?

実は一般病院の場合、他の診療科とそれほど給料は変わりません
どうしても給料に拘るのであれば、規模の大きな医療機関の脳外科を志望したり、資格を取得するなどのスキルアップを図ることです。

また残業についても、「脳外科だから」という理由が残業が極端に多くなることには直結しません。

あくまで医療機関の体制の問題です。
あまりに忙しい医療機関を避けたいのであれば、病院見学の際に「看護師数」をチェックしましょう。
1人当たりの負担が大きくなるのは、人材不足が根底にあるからです。

もし、最寄りの脳外科がどこも人手不足で、忙しさの度合いが大きそうならば、「脳」つながりの別の診療科を狙うというのも1つの方法です。

例えば
・整形外科
・回復期リハビリテーション
などでも、脳外科で必要な知識やリハビリなどの仕事に携わることができます。

 

脳外科への転職に興味がある看護師は生の声を聞いてみよう

ここまで脳外科看護師についての情報をお伝えしましたが、全てを語ることができている訳ではありません。
医療機関によって忙しさや患者さんの重症度も異なってきます。
脳外科は、患者さんの生命に直結する診療科です。
看護師として経験するであろう良いこともそうでないことも踏まえた上で、脳外科看護師を目指すことをオススメします。

身近に脳外科で活躍されている看護師さんはいませんか?
あなたが志望する医療機関に勤務されている方ならベストですが、なかなかそんな偶然はないでしょう。

そういう時は、様々な医療機関の情報を集約して持っている「転職エージェント」を利用すると良いですよ。
転職エージェントでは、あなたの希望やスキルを聞いた上で、あなたに合った医療機関を紹介してくれます。

エージェントを選ぶ際は、医療機関の内情まで熟知した転職エージェントを選ぶといいですよ。

病院の内部情報に詳しい「看護のお仕事」

表向きの情報ではなく、リアルな病院内情を教えてくれる
24時間、相談&求人探しができるのが便利
非公開求人が多い

今より働きやすい職場を選ぶコツは「内部情報」を知ること。

ネット上の口コミは、嘘もあるので信憑性が低いです(>_<)
働いてた人と言っても、古い情報かもしれない…。

看護のお仕事では、現役看護師にヒアリングをしています。
つまり、リアルな最新情報を聞けるんです(*^_^*)

応募前に情報を聞けるので、しっかりと考えた上で選考に進めます。「思っていた職場と違う!」とミスマッチが起こりにくいんです。

看護のお仕事で転職相談してみる⇒

気になる医療機関があれば専任コンサルタントに聞いてみてください。
見学や面接などのスケジューリングも、全部専任コンサルティングがしてくれますよ。

脳外科での経験は、あなたの看護師スキルを大幅に底上げしてくれる経験になるでしょう。
あなたに合った看護感や働き方ができる脳外科を、ぜひ見つけてください。

-看護師, 看護師の転職事情
-, , , , , , , ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.