ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

新人看護師の悩み 看護師

新人看護師がストレスを少なくするために知っておくべきこと

更新日:

国試をクリアし、やっと新人看護師として入職を果たしたあなた。
でも現場であまりの「できることの少なさ」に打ちひしがれていませんか?

新人時代は、知識も技術も全然追いついていないことや初めてのステルベンなどで、心も体もストレスでボロボロになりやすい時期でもあります。

でも、それはみんな同じなんですよ。
看護師として独り立ちするために、「新人看護師がストレスを少なくする方法」を紹介します。
良かったら参考にしてみてください。

 

先輩が教えたくなるような新人になろう

新人看護師は孤独です。
入職間もないため、知り合いもほぼゼロ。同期がいたとしても気が合うとは限らないし、お互い自分の事で精一杯です。

初めての職場で一番長い時間をともに過ごすことになるのは、指導役の先輩ではないでしょうか。
分からない点や困っている点を教え導いてくれる存在ですので、上手く付き合っていきたいものです。

そのためには「先輩が教えたいと思う新人」になることがポイントとなります。

教えたいと思う新人の特徴は、「素直」で「きちんと報連相ができて」、「行動」できるという点です。
先輩がしてくれたアドバイスをきちんと受け止め、それを実行に移せている。
困ったことがあれば、すぐに報告や相談をしてくれる。
それができる新人は、意欲のある新人として評価されます。

同じ指導をしても、アドバイスされた内容を行動に移せる新人とアドバイスを聞き入れない新人。
あなたが指導役なら、今後どちらを積極的に育てたいと思いますか?

先輩が教えたいと思う新人になるために、大切なことがもう1つあります。
それは「時間や期限の厳守」です。
遅刻や提出期限破りをしないことは勿論、病棟のスケジュールを頭に入れてきちんと守る様にしましょう。
時間を守れない人は、信用されませんからね。

ただでもストレスフルな新人期間。
上司や先輩に目を付けられるよりも、可愛がられる存在を目指しましょう。

 

できないことだらけで許されるのは新人の特権

新人看護師が入職して直面する問題として「分からないことだらけ」で自分が役立たずだと思ってしまうことです。
病院実習に行ったとはいえ、無資格の学生が携われる業務の範囲は限られています。
特に気道確保などの実践を通してでしか体得できない技術を、最初からできる新人看護師はほとんどいません。

忙しい職場だと、きちんとした指導が受けられないまま現場投入されます。
患者さんからの質問に答えられなかったり、処置が上手くできなかったりして、心無い言葉を掛けられるかもしれません。

もどかしいと思いますが、新人のうちはそれでいいんです。
なぜなら、新人の仕事は「少しずつ、できる事、知っていることを増やしていく」ことだからです。

備品の保管場所を覚えたり、病棟で多い疾患について勉強したり…。
分からないことは先輩に質問しつつ、毎日1つずつでいいので目標設定してクリアできるように頑張ってみてください。

病棟で一番デキる先輩も、主任も師長も、看護部長でさえも、そうやって今のポジションにたどり着いたのです。
新人の間は、小さな成功体験を積むことに注力してください。

 

「看護師を辞めたい」はみんなが通る通過儀礼

新人看護師は何かと「辞めたい病」にかかりがちです。
何もできない自分が嫌で辞めたい。看護師に向いていない気がして辞めたい。忙しすぎて辞めたい。
毎日辞めたいと思っている新人看護師なんて、驚く程沢山いるんですよ。

新人のうちは、怒られるのが仕事みたいな面があります。
でもこれは看護師に限ったことではなく、どんな職業でもストレスに晒されることは同じです。

看護師を辞めても、結局最初は何もできずに怒られる日々なんです。
違う職種に就職したら、それこそ知識も技術も何もない、本当のゼロスタートですよ。

本当に辛いのならば、辞めてもいいんです。
でも安易に辞めてしまうのではなく、「○○までは頑張ってみよう」などの区切りを決めて頑張ってみましょう

気が付いたら、その期限がどんどん更新されて、勤続○年のベテランになっているかもしれませんよ。

 

つらい時は看護学校時代の友達を頼ろう

新人研修などで煮詰まってきたなと感じたら、看護学校時代の友人に連絡を取ってみましょう
辛い実習を乗り越えてきた仲間です。
職場の同期とは違い、しがらみもありません。弱音や愚痴を言ってもいい相手なんです。

ちょっとお茶したり、ご飯に行ったり…。
お互いの近況報告をして辛さを共有するだけでも、気持ちが軽くなります。
直接会えなくても、メールやSNSで連絡を取り合うことでもいいでしょう。

持つべきものは、やはり「友」です。

 

新人看護師がどうしても限界だと感じているのならば

新人時代は本当に辛く、大変なことの連続です。
どうにか乗り越えようと頑張ってみても、頑張りが評価されない職場だったり、ブラックすぎる労働環境に置かれているのならば話は別です。

時間は短くても、寝れたという実感はありますか?
食事はきちんと摂れていますか?
急に涙が止まらなくなるといったことはありませんか?

ストレス過多で身体に変調をきたしているのならば、無理に頑張らなくてもいいんです。
また、自分が決めた期限まで頑張ってみたけど、何か違う…と感じている人も、立ち止まって考えてもいいんです。

あなたの看護師としての資質は問題がなくても、働いている環境があなたにストレスを与え、合っていないことが辛さの原因なのかもしれませんから。

…とはいえ、キャリアの浅い新人では、次の転職先を考えると進退に悩んでしまいますよね。
そういった時に頼りにして欲しいのが、看護師転職のプロである「転職エージェント」に相談することです。

 

転職エージェントでは、専任コンサルティングがあなたの話をじっくり聞いて、辛さの原因と解消方法をアドバイスしてくれます。

看護のお仕事【利用者満足度1位】

「転職は初めて、まずはどこに登録したらいいのか分からない...」

という方にオススメなのが『看護のお仕事』

  • 内部事情に詳しい
  • 全国各地に12万件以上の求人
  • 面談後、自分の適性に合った求人を紹介してもらえる

登録後、求人紹介から待遇交渉まで、全てのサービスが無料で利用できますよ!

新年度、新たな気持ちで職場を探してみてください。

詳細と無料登録はコチラ


看護師のお仕事では、「看護師が長続きしない病院は避けている」といわれるほど、ブラック病院を避けて紹介してもらえます。
キャリアの浅い看護師でも、内定の可能性がある医療機関を紹介してくれたり、職務経歴書などの応募書類の添削も行ってくれます。

新人看護師がストレス過多で、辛すぎて「辞めたい」と思ったら、相談してみてください。

-新人看護師の悩み, 看護師
-, , , , , , ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.