ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

看護師の転職事情

治験コーディネーターで給料1000万超!どんな資格が必要なの?未経験でもOK?

更新日:

新薬が開発されて世に出回るまでには、何度も臨床検査を繰り返し、安全性を確かめる「治験」が行われます。
治験を行う上で、協力してくれる被験者の募集や正しくデータが取れるように服薬されているかなどを監督する仕事として、「治験コーディネーター」の存在が欠かせません。

治験コーディネーターは近年、需要の高まっている職業の1つです。
治験コーディネーターの仕事内容や給料、どんな資格保有者が治験コーディネーターとして活躍できるのか?などをまとめてみました。

 

治験コーディネーターのお仕事とは?

治験コーディネーター(CRC)とは、「Clinical Research Coordinator」の略称。
治験コーディネーターの主な仕事内容は、「病院などを訪問して治験を実施する際に遵守すべき基準を守って適切に治験が行われるように調整する事」です。

新薬を流通させる前には必ず、臨床試験を通して効果をデータとして得る必要があります。
人体に新薬を投薬して結果を得る必要があるため、協力してくれる人を集めなくてはなりません。

また治験期間中は、被験者が規定通りに服薬や生活が送れているかどうかを監督するという役割もあります。
検査数値に反映されない症状や精神的な変化なども察知し、被験者のメンタルケアに当たることも治験コーディネーターの重要な業務です。

 

治験コーディネーターとして活躍できる資格は?

医学や薬学の知識が求められる治験コーディネーターですが、どんな資格を持っている人が活躍できるのでしょうか?

例えば、医師免許
医学、薬学の知識を包括的に有していることが高く評価されます。

他にも、

・薬剤師
・看護師
・臨床検査技師
・管理栄養士

の資格を持っている人が活躍できるお仕事です。

治験コーディネーターは、未経験でも採用されることがあるお仕事なので、前職の経験や知識を活かして活躍されている方が沢山いらっしゃいます。

 

治験コーディネーターの給料は?

さて、治験コーディネーターの給料ですが、志望者のスキルや経験、採用条件などで年収が大きく変わります。

初任給として一般的に言われている金額は、

未経験者:300〜400万円
経験者 :400〜500万円

です。

年収の算出基準としては、
・保有資格
・前職などでの経験
・勤務地
・年齢
などで大まかな金額が算出されます。

また、入職する企業の規模や経営状態によっては50万円ほど前後することもあるそうです。
治験コーディネーター経験者でマネージメント経験がある方ならば、さらに年収が上乗せされることもあります。

保有資格について見てみると、薬剤師の資格保有者の年収が高くなりがちです。
続いて、正看護師。

治験コーディネーターは知識だけでなく、被験者の変化をつぶさに読み取る観察力も必要とされるので、看護師の経験が高く評価されています。

未経験者の初任給をみると、「そんなに高くないなぁ」という印象をお持ちになるかもしれません。
しかし治験コーディネーターの給料は、入職後数年で経験者との差がどんどん縮まっていく傾向にあります。

入職後にプロジェクト数をこなしたり、役職に就くことで、年収に反映されやすい業界でもあるのです。
経験を積み、一人で全体業務を進められるようになった治験コーディネーターの中には、年収が1000万円を超える方もいらっしゃいます。

特に大都市圏では、同じスキルや経験でも給与ベースが高くなりがちです。

 

治験コーディネーターを目指すならば、所属先が重要

さて、治験コーディネーターとして活躍するためには、給料以外にも重要な項目があります。
それは「どこに所属するか?」です。

治験コーディネーターには、
・民間企業から医療機関に派遣される「派遣CRC」
・医療機関に直接雇用されている「院内CRC」
があります。

派遣CRCは、派遣先の医療機関に自社を継続的に利用してもらうために、営業的な活動が必要な場合があります。
また、派遣先によっては先方の都合に合わせて出張する必要があったり、残業になることもあります。

一方、院内CRCは、医療機関の規模によって業務量が異なりますが、院内で日勤のみでOKなところがほとんどです。
有給休暇が取得しやすい、業務内容によっては手当が支給されるなど、福利厚生が手厚いというメリットもあります。

もしあなたが治験コーディネーターに興味を持たれたのならば、雇用先はどんな機関なのか?をきちんとチェックしてから入職するようにしましょう。

 

看護師資格保有者が治験コーディネーターを目指すのであれば、業界の情報提供や手厚いフォローが受けられる「転職エージェント」にまずは相談するといいですよ。

転職エージェントでは、あなたの経験や条件などを詳しくヒアリングした上で、内定の可能性がある機関を紹介してくれます。
他にも応募作業の代行や面接日の設定なども無料で代行してくれます。

親身な相談に乗ってくれる:看護のお仕事

「今、職場を辞めたら人手足りなくて迷惑かけるな…」
「同僚から辞めないでねって言われたんだよね」

と思っていませんか?

ハッキリ言いますが、考えるだけ時間のムダです。

もし、病院側があなたに辞めて欲しくないと思っていたら?

あなたが辞めたいと思わないように、労働環境を改善するはずです。

例えば昇給したり、有給休暇を取りやすくしたり....

残念ですが、あなたが職場を辞めても迷惑はかからないってことですよ。

あまり考えすぎずに自分の働きやすい環境を探してください!

看護のお仕事で長く働ける職場を見つける→


「長続きしない病院は避けている」といわれるほど、ブラック機関を避けて紹介してもらえます。
応募したい医療機関へこれまでのスキルや経験も上手くプッシュしてくれたり、面接の練習に付き合ってくれたりと、あなたの内定獲得と採用条件の向上に向けて全力でバックアップしてくれます。

看護師資格や経験を活かして、治験コーディネーターを目指したい!と思ったら、気軽に相談してみましょう。

-看護師の転職事情
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.