ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

一般企業・公務員 転職の悩み

ブランクありや未経験保育士って再就職できる?準備しておくことは何?

更新日:

もう一度、保育士として活躍したい。
保育士としての仕事とプライベートと両立出来たらいいな。
免許だけ取ったけど、一旦違う仕事に就いちゃった。

など、何らかの理由で保育の仕事を一定期間していなかったけど、また復帰したいと考えている保育士さんって多いのです。

再就職したいけど、ネックになるのは「ブランクがあること」。
ブランクが合ったり、経験が浅い保育士は、復帰できないのでしょうか?

今回は、ブランク保育士や未経験保育士が再就職を考えた時にしておくことなどをまとめてみました。

 

復帰時に考えるのは「仕事とプライベートが両立できるかへの不安」

小さな子供など家族がある人にとっては、働きたい気持ちが合っても保育士として復職して本当に大丈夫か?不安になりますよね。
現役時代、残業や持ち帰りの仕事ばかりだった方は、特にそう思うのも無理ありません。

仕事とプライベートの両立を考えるのであれば、「影響なく働ける時間」を算出してみるといいですよ。

朝起きてから、寝るまで。
時間ごとに自分の行動を書き出してみましょう。

子供を送り出してから余裕がある人は、朝から夕方まで。
夕方以降の方が余裕がある人は、延長保育など。

比較的無理のない時間帯が見えてきませんか?

保育士のお仕事は、フルタイム以外にも需要があります。
まずは、対応できる時間帯の求人を探してみましょう。

また、子供が小さい場合は、急病時の対策も考えておきましょう。
家族や親の協力ももちろん必要ですが、いざという時のために「病児保育」への登録も行っておきましょう。

保育士の仕事は急に休みづらい面もあります。
特に、運動会や発表会などのイベント時は、最低限の時間だけでも出勤しなければならない場合もあります。
備えあれば患いなしです。

 

就職活動前に、保育士・幼稚園教諭免許の切り替えや更新をしておこう

近年、保育環境のニーズが高まる中で「認定こども園」が開設されたり、こども園に移行する園も登場しました。
認定こども園、幼稚園では、保育士免許の他に、幼稚園教諭の免許も必要になります。

免許は、取得して10年で更新が必要となり、更新時には講習を受けなければなりません。
2年前から受講可能なので、復帰を考えているのならば徐々に準備しておいた方がいいですよ。
専門学校、短大、大学などで講習を行っているので、お近くの機関を調べて申し込みましょう。

また免許取得時から名前や本籍地などが変わっている場合は、切り替え手続きが必要です。

 

経験が短い!ブランクが長い!保育士復職に不安を感じる人は

保育現場を離れていたり、経験が浅いと、復職する際に「本当にやっていけるの?」という不安を感じやすいです。

現役時代と比べて、知識や情報は変わったところは?
現役時代と同じように動けるかな?
経験が短いけど、迷惑を掛けないかな?

など、これまでの経験や知識が活かせるか?という点について不安を感じる保育士さんが多いようです。

不安はあるでしょうが、園によってやり方が異なる部分もあるので、実際に入職されてから、手探りでもいいので少しずつ勘を取り戻しませんか。

その際、どんな職場でも、一番ポイントになるのは「人間関係」です。
分からないことが聞きやすい環境だったり、悩んでいるときに助け舟を出してくれる人がいる職場って、ストレスも少なくて済みますし、楽しみながら働くことができます。

 

入職先での人間関係を円滑にするには、いくつかコツがあります。

また、別でチャイルドマインダーという資格があり、元保育士で自宅で起業される方も多くいらっしゃいます。

○教えてもらったことには素直に感謝する

既存スタッフは、新人のあなたに色々なことを教えてくれると思います。
中には「それ、知ってる」という内容もあるでしょう。
先輩が年下という事もあるでしょう。

でも、教えてもらったら「ありがとうございます」という感謝の気持ちと言葉を忘れないように
その一言がより良い関係構築には欠かせません。

しばらくすれば、周囲もあなたの力を理解しますので、初歩的なアドバイスではなく、もっと実戦的なアドバイスを貰えるかもしれませんし、逆に相談されるかもしれませんよ。

○調べて質問する

仕事をしていく中で、不安だったり、分からないことって出てくると思います。
そんな時は、まず「自力で調べて」みましょう。
自分で調べると、分からないことへの解答や、付随した情報も身に付きますよ。

それでも分からないことや不安点は、上司や先輩の手が空いている時を見計らって「質問」してみましょう。
その時、ただ質問するのではなく、「○○までは調べましたが、合ってますか?」や「○○の□□について知りたいんです。△△までは分かっています」など、聞きたいポイントを絞って質問しましょう。

質問丸投げにはしないように気を付けてください。

分からないことを聞くという事は、仕事への積極性をアピールすることに繋がります
大変でしょうが、どんどん調べて、バンバン質問するようにしましょう。

 

ペーパー保育士が未経験から保育士として活躍するには?

保育士としてブランクがある人も復帰に不安を感じることがありますが、大体5年位は大きなマイナスポイントにはなりません。

一方、保育士免許を取得したけど、実務経験がないという保育士さんもいらっしゃいます。
時間が経ってから「保育士として働きたい」と思う方も、意外に多いのですよ。

ただ、実務経験がない場合は、どうしても就職活動で苦戦したり、選択の幅が狭くなったりします。

でも、諦めないで!
今は本当に保育士さんの数が足りず、園側も保育士の確保に力を入れているのです。
中には「ブランクOK」や「未経験歓迎」で求人募集をかけている園や施設もあるんですよ

 

ハローワークや求人サイトなどで検索してみるのもいいかもしれませんが、求人を出していることを隠したい園や破格の条件の園は「非公開求人」にして、応募者の殺到を避けていることもあります。

そういった情報は、公募されるのではなく、転職支援サービスなどでこっそり提供されているんですよ。

保育士の転職支援サービスはいくつかありますが、プライベートの両立を目指していたり、ブランクや経験が浅い保育士さんにオススメしているのが、厚生労働大臣認可の保育士就職支援センター「ほいく畑」です。

関東、関西、東海、中国、九州と様々なエリアに対応しており、専任のコンサルティングがあなたの希望を丁寧にヒアリングしてくれて、各地域に密着した求人情報を提供してくれます。
 ≫≫ほいく畑の詳細と無料登録はこちら
未経験者・経験者問わず、保育に関わるお仕事探しを幅広くサポートするために立ち上げられた機関で、利用料は無料となっています。
保育士の仕事に復帰したいのならば、一度相談してみるといいですよ。

-一般企業・公務員, 転職の悩み
-, , , , , , , ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.