ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

転職の悩み

仕事が合わないことでストレスをこじらせないために出来る事

更新日:

人事異動でやってきた後輩。
「仕事が合わない」とこぼしていたのは知ってたけど、みるみるうちにストレスで激ヤセしました。
周りから見た感じ、仕事でも人間関係でも特に困っている風には見えなかったのに…。

実は次回の異動で、違う部署に行くことが決まっています。
知り合いゼロ、ほぼ未経験、しかも自分で向いているとは思えない業務。

俺も後輩みたいになってしまうんじゃないか?という不安があります。

「仕事が合わない」ことでストレスをこじらせないためにできることはないのでしょうか?

仕事が合わないことでストレスを感じる原因は?

仕事が合わないことが原因でストレスを感じたり、体調を崩してしまうことがあります。
通勤前に呼吸が苦しくなったり、頭痛がしたり、急に腹痛に見舞われたりしたことはありませんか?

仕事が合わないことで、会社に行くことを身体が無意識に拒否しているのです。
このままではうつ病や他の病気を発症してしまうリスクがあります。

そもそも、どうして「仕事が合わない」と感じているのでしょうか?

代表的な理由として考えられるのは、

・職場で浮いていて、孤独
・仕事が自分の適性に合っていない
・仕事自体についていけていない

などです。

こういった症状は、就職や人事異動で新たに職場に加わった人だけに出る物ではありません。
意外なことに、「仕事の出来も、人間関係も問題のない人」に起こりがちな症状なのです。

ちなみに、今の仕事に満足していますか?

「もっと給料が欲しい!」
「上司がムカつく!」

我慢して今の仕事を続ける必要はありません。
あなたに合った場所を探して下さい。

32万人が転職成功!リクルートエージェントで求人を探す⇒

 

「仕事が合わない」ストレスをこじらせないために出来る事

○仕事を忘れて、しっかり休むこと

仕事のことでストレスを抱えている人は、休日もしっかりと休めない傾向が強いです。
無駄に時間がある分、グルグルと悩んでしまいがちになります。

でも、それでは物事はいい方向には進みません。
ストレスを感じている状況で悩み続けても、出てくる解決策はネガティブな物になりがちですし、家で悩んだところで解決には至りません。

こういうときは、案外「仕事の事を全く考えない時間」を持った方が、リフレッシュにつながりますよ。
好きなゲームを思う存分するもよし、映画を何本も見るもよし、好きなスポーツ観戦や買い物に出かけるもよし…。

あなたが心から楽しいと感じることに取り組んで、一度ストレスゲージを下げてしまいましょう。

○できることをやってみる

気分がリフレッシュできたのなら、次は問題解決に向けてできることをやってみましょう。

敢えてボリュームの大きな仕事に取り組んでみるのもいいでしょう。
始めは不安や面倒臭さがあると思いますが、進めている内に想像よりもスムースに仕事を消化していけるかもしれません。

その仕事を通して、今まであまりつながりがなかった同僚や上司と会話をする機会が増えるでしょう。
職場で孤独感を感じてしまう原因として、コミュニケーション量が少ないことが考えられます。

実際話してみて、お互いの事を知っていくと、孤独感も感じなくなるのではないでしょうか?

 

ストレスを感じている状態で、今までとは違った行動を取ることは大変だと思います。
でも道を切り開くためには、いつも「行動」することが必須なのです。

仕事が合わないと感じるストレスの原因を絶つためにも、ここが頑張りどころです。

ポジティブな物事の受け取り方を目指すためには

「仕事が合わない」という感情は、ネガティブな要素で構成されています。
でも、よく見てください。今やっていることは本当にあなたのためにならないことなのでしょうか?

社会人として一回り成長して欲しいために、敢えて向いていない仕事を任されているのかもしれません。
同僚の何気ない一言で傷ついたかもしれませんが、あなたを傷つける意味で言った訳ではないかもしれません。

同じ言動をされても、ストレスを感じる人と感じない人がいます。
両者の感じ方で大きく違う点は、「物事をポジティブな意味に受け取っているか?」ということです。
一昔前に流行った「鈍感力」というのも、ここでは良い意味で作用してくれます。

相手の言動の裏を読み過ぎない。明らかに嫌味でないお世辞は、額面通りに受け取っておくなど、悪い方向に受け取らないように心がけるだけでも心が軽くなります。

もし自力でポジティブシンキングをすることが難しい場合は、臨床心理士を頼るといいですよ。
カウンセリングを通して、行動療法を教えてもらえます。

 

自分でネガティブな方向に追い込まないためにも、取り組んでみてはいかがでしょうか。

それでも辞めたい気持ちに変化がない場合は

こちらで紹介した以外にも様々な対処法があると思います。
それらをいくつも実践してみたけど、やっぱり辞めたい気持ちが変わらない場合は、自分では変える事の出来ない、もっと深い原因が潜んでいるのかもしれませんね。

例えば、仕事で求められることと自分の適性が全く合わない。
おおざっぱな性格なのに、細かい作業ばかりの仕事を任されているなど、全くミスマッチな人員配置になってしまうとつらいでしょう。

次の人事異動で自分の適性に合った仕事や職場に巡り合えれば良いのですが、そういった手段が使えない場合は転職も視野に入れてよいでしょう。
つらい思いをしてまで自分の志向にあった仕事をさせてもらえないのは、時間の浪費になってしまいます。

仕事が合わないことで生じるストレスと決別するためにも、有効な手段になるでしょう。
ただし、自分の志向性にあった仕事をきちんと見つけてから、退職手続きに入るようにしましょう。

 

仕事が合わないことで転職を考えているのならば、仕事の知識をたくさん持っている人に相談してみるのもいいですよ。
…といっても、転職がらみだと社内の人には相談しにくいですよね。

そんな時は、沢山の転職希望者と接している「転職エージェント」に相談してみてください。
転職エージェントに登録すると、仕事に対しての考え方や仕事が合わないと感じる背景などを詳しくヒアリングしてくれます。
その上で、あなたに本当に向いている仕事や業界はどういったものかをアドバイスしてくれます。

転職を決意したのならば、求人情報の情報提供が受けられるだけでなく、面接対策や応募書類の添削などのより良い転職を叶えるための様々なサポートを無料で受けることができるんです。

数あるエージェントの中でも特にオススメしているのが、求人数、紹介実績ナンバー1の「リクルートエージェント」。

「仕事が合わない」理由を徹底的にヒアリングしてくれて、具体的にどうしたらストレスが解消できるかを一緒に考えてくれます。

このまま今の仕事を続けることに疑問を感じたら、まずは相談してみてください。
続けるにしても、転職するにしても、自分で十分に納得した上で新しい1歩が踏み出せるようになりますよ。

-転職の悩み
-, , , , , , ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.