ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

一般企業・公務員 独立の悩み

個人事業で仕事をするメリットとデメリット

更新日:

個人事業のメリット

とりあえず自分で仕事を始めようとする場合、目標は会社を設立することではありません。

いかに、資金をかけずに自分の身の丈にあった形で仕事を開始するかが重要です。

その1つが個人事業です。

ひとことで言うと、会社という組織を作らずに、最も小さな単位で、たとえば夫婦二人で仕事(事業や商売)を開始するという方法で、事業や商売に必要となる資金は、事業主自ら調達しなくてはなりません。

あくまで、個人の責任において営業を行うということです。

<個人事業のメリット>

会社を設立する場合、様々な手続きが必要になりますが、個人事業ではこうした手続は必要ありません。

法人を設立するとなると、設立費用が30万円程度+資本金が必要になります。

個人事業であれば、いくつかの書類を提出するだけで(他記事で後述)、簡単に事業を開始することができます。

業種によっては、特に事務所を設けなくても自宅を事務所扱いにして、電話1本、パソコン1台で手軽に商売を始められる。

個人事業の第一のメリットは、まずこの点にあります。

個人事業の2つ目のメリットは、経理の処理が簡単ということです。

会社を設立すれば、複式簿記による記帳や決算時には貸借対照表・損益計算書などの作成・提出が必要になります。

さらに、法人税・消費税の申告も義務付けられます。(消費税は年商1000万以下であれば免税事業者になる場合あり)

これに比べて個人事業は、経理の処理なども簡易帳簿による記帳でいいとされています。

ただ、青色申告で65万円控除を使うのであれば、やはり記帳を行い、経理を自分でする必要があります。

個人営業のいいところは、経営者個人の考え方や経営方針が、そのまま事業や商売に反映できるという充実感を味わうことができる、という点です。

会社というのは基本的には組織です。

経営者1人が経営にあたるという場合は別でしょうが、組織が大きくなればなるほど、そこには一定のルールが生まれ、役割分担も明確になってくるはずです。

これに対して、個人事業は経営者の意志や考え方や、経営方針がそのまま事業や商売に反映され、それが売上・収益という形で返ってきます。

リスクもある反面、達成感があるという点では、極めでやりがいのある事業形態といえるでしょう。

<個人事業のデメリット>

個人事業のデメリットとしては、会社に比べて社会的信用度が劣るという点です。

新たな得意先と取引を開始する際や、金融機関から融資を受けるとき、あるいは従業員を雇う場合など、会社という組織であるかどうかで相手に与える印象や、判断が違ってくることがあります。

実際、ある個人事業が大手企業から仕事を受注する際、法人化することが1つの条件になる、というケースも少なくありません。

個人事業は、だれでも簡単に開始できる反面、経営が不安定と判断されかねないからです。

仕事を依頼する側からすればやはり、事業の継続性や資金面などで、信頼性を判断せざるを得ない場合も出てきます。

こうしたときには、改めて会社を設立すればいいのですが、少なくとも取引を開始する時点での信用ということでは、会社組織のほうが有利といえるでしょう。

もう1つは、経営者自信が負わなければいけないリスクという点です。

事業が成功すれば大きな利益を得られる反面、負債を負った場合、会社を設立していたら、自分が出資した範囲内で負債を負えばいいのに対して、個人事業ではその責任は全て事業主1人で負う必要があります。

ですが、実務上では、法人化していたとしても、資金調達の際には経営者の個人保証が必要というのが日本での慣例ですので、中小事業者にとってはリスクと言う点ではあまり変わらないかもしれません。

メリットやデメリットをしっかり判断した上で、最も自分に適した方法で事業を行うのが合理的と言えます。

【こちらの記事もおすすめ】
▶︎『今あなたの状況で転職できる求人を見つける3つの手順』のページへ進む

-一般企業・公務員, 独立の悩み

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.