ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

一般企業・公務員 仕事に行きたくない、辞めたい

仕事やりたくねぇ時にやる気を出す方法!簡単リフレッシュ策

更新日:

仕事やる気でない〜。
なんだかモチベーションが上がらない日って、誰にでもあると思います。

でも仕事は待ってくれない。

そんな時、どうやって仕事に対してのやる気を出したらいいのでしょう?

今回は、皆がやっている「仕事のやる気を出す方法」をまとめてみました。

仕事でやる気が出ない時にしてみること《ToDo編》

○すぐにできる仕事からはじめる

仕事でやる気が出ない時は、ボリュームの多い仕事は避けて、すぐに完了できる物から手を付けましょう。

その際、「時間設定」をして、「すぐに動く」と、より効果的です。
1分程度の短時間でもいいので、集中してやる時間を作るのです。
そうすることで、「やる気」を司る脳の側坐核が活性化され、やる気が出るようになります。

その際、やり始める前に「ああだ、こうだ」と思案する暇を自分に与えてはいけません。
考えている時間がもったいないです。そうしている間に、きっと1つくらい仕事が終わってしまうのですから…。

短時間の作業を積み重ねていくことは、仕事モードになるための助走だと考えてみましょう。

○やらなければならないことを書きだしてみる

仕事をしなければならないのに、やる気が出なかったり、ダラダラしてしまうのは、「優先順位」がはっきりしていないからではないでしょうか?

限られた時間の中でしなければならないことがたくさんあると、「今すぐに行動を開始しなければ」という心理になります。

大きな作業の場合は、いくつかチェックポイントに分けて、これからしなければならないことを書きだしてみましょう
その際に、「この業務は何のために必要なのか?」ということを意識してみましょう。

メモに従って仕事をこなしていったら、完了の印を入れていきましょう。
ToDoリストによって進捗状況が視覚化される事で、仕事の達成具合や成功度が実感しやすくなります

小さな成功を積み重ねることは、仕事に対して自然にポジティブに取り組めるきっかけになります。

仕事でやる気が出ない時にしてみること《気分転換編》

仕事でやる気を出すために、気分転換をした方が良い方もいらっしゃるでしょう。
仕事中にみんながやっているリフレッシュ方をまとめてみました。

○他の人と会話をする

仲の良い同僚や先輩などと何気ない会話をしてみる方法です。
人間は他人に感情を示すことで、心理的にリフレッシュできるそうです。

疲れている気持ちに共感してもらったり、目標を共有したり…。
自分だけではないんだと思うことで、ホッとしたり、心強く思える生き物なんです。

また自分が困っていることを知って、助けようとしてくれる人もいるでしょう。
そうした人とのつながりが、「頑張ろう」という気持ちを再び呼び起こしてくれるのです。

逆に余力がある時は、困っている同僚を助けてあげましょう。
人を助けることでも、リフレッシュできて、もっと頑張ろうという気持ちになれるのですから。

○椅子に姿勢よく腰かける

やる気が出ない理由の1つに「姿勢の悪さ」が挙げられます。
長時間、良くない姿勢で座り続けると、筋肉の緊張を引き起こします。腰や背中に痛みがある人は要注意です。
身体に痛みがあると、集中して物事に取り組むことが難しくなります。

長時間デスクワークをする人は、「背もたれは倒さず、深く座る」ことを心がけてみましょう。

○体を動かしてみる

血流が悪かったり、考えが煮詰まっていると、なかなか次のステップに踏み出せないでしょう。
そんな時は、少し体を動かしてみましょう。

運動で血の巡りを良くすることで、「エンドルフィン」というポジティブになれるホルモンが分泌されます。
気分転換になるだけでなく、内側からもやる気が湧いてきます。

仕事中にできる運動の例として、
・ウォーキング
・ヨガ
・ストレッチ
・買い出しに出る
・書棚の整理
などがあります。

○音楽を聴く

職場によりますが、可能ならば、自分の好きな音楽を聴いてリフレッシュする方法もあります。
音楽は人の情緒に作用して、行動をコントロールする働きがあります。

個人的にポジティブになれる曲ならばOKです。
ちょっとアップテンポの曲の方が、次々に仕事をこなしていけるかもしれませんね。

それでもダメなら「仮眠を取る」

色々試してもやる気につながらないのならば、体力的に疲れていることが原因かもしれません。
そんな時は思い切って、寝てしまいましょう。
睡眠には体力的な回復作用の他に、目を閉じて外界の刺激を遮断することで、脳内をリセットする効果があります。

昼食後に15分程度の仮眠がオススメです。
それ以上眠ってしまうと、今度は倦怠感に見舞われてしまいますので注意してください。

本格的にやる気が削がれている時に考えること

これらの方法ではポジティブに仕事をスタートすることが難しいという方もいらっしゃると思います。

無理に仕事に対してやる気を出そうとしても、かえってモチベーションが下がってしまうこともあります。
「なぜ仕事に対してやる気が出ないのか?」その理由を先に明確にした方が、解決が早いのかもしれません

自分の問題であるのならば、苦手な仕事を克服するための手段を模索するのもいいでしょう。
でも、もし
・会社の社風
・理不尽な評価
・ハラスメントや人間関係
が理由で、仕事に対してネガティブな感情を抱いているのならば、話は別です。

これらの原因は、あなたが努力することでは解決しないケースが多いからです。
どんなに訴えても改善しないのならば、そこはあなたにとってモチベーションを高く仕事ができる環境ではないという事です。

そんな場所で毎日を過ごして、あなたは楽しいですか?
同じ働くのならば、もっといきいきと仕事をしたいと思いませんか?

 

仕事に対してやる気が出ない人が今後どうしたら良いかを相談する窓口としてオススメしているのが、転職希望者と人材を探している企業を結び付ける「転職エージェント」と呼ばれる会社です。

転職エージェントに登録すると、
・現職の問題点をカウンセリング
・「世の中に出回っていない求人情報」の情報提供
・面接対策
・応募書類の添削
などのより良い転職を叶えるための様々なサポートを無料で受けることができるんです。

 

数あるエージェントの中でも特にオススメしているのが、

求人数業界NO.1:リクルートエージェント

仕事を辞めたいと思っても、転職となるとハードルが高いですよね。けど、今の職場をずっと続けるか?と言われたら「続けない」が本音。

いつか辞めると思っていても、結局辞めれないままズルズルと言ってしまう人が多いんです。

でも、この記事を読んでいるアナタは、今の仕事を辞める一歩を踏み出せたということ。次も簡単。スマホで気になる求人を検索してみるだけ。

 

求人は転職サイトで探してみてください。なぜなら、一般に公開してない求人を見れるから。

中でも、リクルートエージェントは非公開求人数が20万件と業界NO.1です。

>無料登録!リクルートエージェントで非公開求人を見る

 

「あなたがもっとポジティブに仕事が出来るような環境」を一緒に考えてくれます。

「仕事に対してやる気が出ない」状況が続いているのならば、相談だけでもしてみてください。
違った切り口の解決法が見つかるかもしれませんよ。

-一般企業・公務員, 仕事に行きたくない、辞めたい
-, , , , , , , , ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.