ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

転職の悩み

ボーナス出ない会社は違法?ボーナスカット企業の特徴とリスク

更新日:

 

2016年度の冬ボーナスが支給される時期となりました。
今期の東証1部上場で従業員500人以上の主要20業種大手245社の平均支給額は92万7892円。
国家公務員でも、平均約70万4800円。
公務員までも減額となった前年に比べて、増えたと喜んでいる方もいらっしゃるでしょう。

でも、ちょっと待って!
「うち、ボーナス出ないよ」と嘆いている方がいるのも事実です。

ボーナスが出ない会社って、どんな会社なんでしょうか?

 

ボーナスが支給されない会社は違法?

毎月の給料が支払われない場合は、法律違反となります。
しかも月給の場合は、毎月決まった日に現金払いと決まっています。
では、ボーナスが支給されないことは、法律違反にならないのでしょうか?

答えは、「ボーナスは支給されなくても合法」です。
そもそもボーナスは、事業の利益の一部を社員に還元するものです。
業績が悪化している場合など原資が少ない場合は、ボーナスを支給しなくても問題はないのです。
例外として、「就業規則にボーナス支給に関する規定」がある場合は、法的にボーナスの支払い要求をすることで支払われることがあります。

 

ボーナスが出ない会社ってどんな会社が多いの?

○年俸制の会社
年俸÷12か月分を毎月支給している年俸制の会社の場合は、ボーナスを支給していないことがあります。
ボーナス分も加味しての月給となるので、月給が高めになります。
一時金はありませんが、相対的に基本給が高めになることによる恩恵を受けることができます。

例えば、
・基本給は、従業員の同意なく減額できない
・残業代などの算出基準が高くなる
・住宅ローンなどを組む際に、借入額が多く算出される
など。
従業員の同意がなくてもカットできるボーナスの支給がなくとも、メリットがある支払い方と言えるでしょう。

○業績の悪い会社
ボーナス支給にあたっては、支給できるだけの原資が必要です。
ボーナスを出せない主な原因として挙げられるのは、
・売上が十分でない
・赤字経営
でしょう。

ボーナスは経済情勢にも左右されます。
その年だけならばまだしも、何年もボーナスカットが続いてる状態が続いているのならば考え物です。
本当に売上が芳しくないのか?
赤字になる原因は何なのか?
情報収集をして、自分なりに分析してみる必要があります。

下手をすると、「社長が夜逃げ」で、ボーナスどころか給料未払いなんてトラブルに巻き込まれるリスクもあります。

ちなみに、今の仕事に満足していますか?

「もっと給料が欲しい!」
「上司がムカつく!」

我慢して今の仕事を続ける必要はありません。
あなたに合った場所を探して下さい。

32万人が転職成功!リクルートエージェントで求人を探す⇒

 

搾取し放題のブラック企業

売上目標を達成しており、経常利益もあがっているのに、ボーナスが支給されない会社はありませんか?
アナタは会社の役員の報酬がいくらか知っていますか?

残念なことにあるんです。
社員にはボーナスカットを言い渡しておいて、自分たちの役員報酬はちゃっかり上げちゃったり、私的に流用しちゃっている「搾取型ブラック企業」が…。
特に一族経営だと、指摘する人がいなかったり、いても圧力をかけてやりたい放題だったりするんです。

やることをやっていても、きちんとボーナスが支払われない。
そんな会社を続けていく意味って何でしょうか?

ボーナスは仕事を続けていくモチベーションを保つ、大きな要因です。
たとえ些少でもボーナスが出ることで欲しい物が買えたり、やりたいことができたり、貯金して経済的なゆとりを持ったり…。
ちょっとした幸福感や安定感、ストレス解消につながるのです。
特に年末の忘年会シーズンはお誘いも増えるので、懐が寂しくて参加できないとなると哀しすぎますよね。

 

アナタは奴隷じゃない!

こういった会社の場合、基本給も低く抑えられていることが多いです。
また正社員になったらボーナスが出ると言って、長年非正規雇用のままにされるケースもあります。

このままでは同じ仕事をしていても、生涯年収の差は開くばかりです。
アナタは搾取され続ける奴隷のままでいいのでしょうか?

もしボーナスが出ない会社に疑問を感じたのならば、他の会社に転職したり、正社員として働ける会社に移ることを考える時期なのかもしれません。

転職を考える上で大切なことは、
・情報は多い方が良い
・自分のことを客観的にアドバイスしてくれる人がいるか?
ということです。
また、求人情報の検索、応募、書類の準備や面接のセッティングなどで時間を取られることも考えなければなりません。

そういった悩みを一気に解決してくれるのが「転職エージェント」です。
様々なエージェントがありますが、中でも登録マストな転職エージェントは、求人数、転職実績NO.1の「リクルートエージェント」。

 

履歴書や職務経歴書の作成アドバイス面接力向上セミナーなど、転職支援のサポートが充実しています。
また、給与・待遇面など、面接では聞きにくい質問もエージェントを通して確認、交渉してもらうこともできます。

せっかく転職できても、その会社で「ボーナスが出ない!」なんてことになっては、本末転倒です。
安定してボーナスが支給される会社が見つかるといいですね。

 

 

-転職の悩み
-, , , ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.