ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

看護師 看護師のお金・給料

看護師の平均年収をリアルに公開!本当にその給料で満足?

更新日:

お金と通帳

 

人の命を預かる尊い職業の1つである、看護師。
しかし、夜勤で生活のリズムは崩れまくり、お肌のコンディションも今ひとつ。
人間関係に、インシデントを起こさないようにと神経をすり減らしている毎日。

ふと、「こんなにしんどいのに、この給料って割に合ってるの?」と気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

看護師の平均年収は…

2012年に日本看護協会が公表したデータによると、
平均年齢35歳で管理職以外の看護師の
平均年収は約519万円

内、平均月収は、
35万2157円

平均賞与は、
89万1909円
でした。

ちなみに、年代別に平均月収を見てみると、

20~24歳:29万7596円
25~29歳:32万2787円
30~34歳:33万0422円
35~39歳:35万7238円
40~44歳:38万1514円
45~49歳:39万3883円
50~54歳:38万2309円

という結果に。
思ったほど伸びていないことが分かると思います。

すでにお気付きかもしれませんが、特に20代の頃は同年代の男性と比べても高収入なんです。
しかし、30歳前後から他の業種の賃金上昇率の方が上回り、結果的に追い抜かれることになるのです。

看護師の給料は、それほどまでに上昇率が低めの職種なんです。

 

平均よりも少なくなる原因は?

前項のデータを見て、自分は薄給だと思ったアナタ。
その原因は何だと思いますか?

知識不足?経験不足?
自身の力不足と感じている方もいらっしゃるかもしれませんが、実はもっと別の原因があるのです。

まず、
給料の算出方法や基準が病院によって異なるから

例えば、基本給の算出について。
年功重視型の病院では、能力が同程度でも年齢が上の看護師が自動的に収入増になる仕組みになっているのです。
逆のケースでは、能力重視型の病院だと、知識や経験が豊富だと、年少の看護師の方が多く貰えるわけです。

また、他の原因として挙げられるのは、
運営母体の経営状況で、看護師の給与は大きく変わる
という点です。

大病院>中小規模病院
公立病院>個人クリニック
など。
やはり原資が多かったり、公務員看護師は、収入も多くなります。

さらに、
科や地域ごとの給与格差が大きい
からという原因も挙げられます。

都市部と地方では、看護師不足の度合いが違います。
需要の大きい都市部は、看護師の取り合い状態になっているので、その分、給与も高めに設定されています。
一方、地方では医療機関の数も限られており、いわゆる「コネ採用」で求人枠が埋まってしまうこともあります。

同じ地域でも、科によって給与格差はあります。
顕著な例だと、美容外科。
他の科の2倍近く支給されているケースもあり、「個人クリニックは、年収低め」のセオリーが通じない医療機関も存在します。

つまり給与格差は、能力以外の部分が原因で発生している可能性があるのです。

特に「基本給」は、賞与や退職金などの算出基準になります。
このままの基本給で働き続けるのもよいですが、生涯年収で考えると、大きなロスになりかねません。

 

年収が高い看護師になるには

一方、高収入な看護師はどんな医療施設に勤務しているのでしょうか?

例えば、
・都市部の病院
・県立・市立病院などの公立病院
・私立の大病院
・経営状態の良い、個人病院
が挙げられます。

他にも
・「認定看護師」・「専門看護師」などの資格を取得する
・管理職になる
・訪問看護師になる
という方法で収入アップを図った看護師もいます。
しかし、資格取得や昇進には時間がかかります。

 

年収が高い看護師に共通しているのは

転職経験がある
ということです。

「人間関係」や「重労働」などで大変な仕事ですが、実は転職理由の1位は
給与への不満
なのです。
この部分を早急に改善するために、基本給が高かったり、手当が充実した医療施設に転職することで、高収入を実現しているのです。

 

収入重視転職の注意点

比較的、高収入といわれる4パターンを例に、転職時の注意点をまとめてみましょう。

・都市部の病院
居住地によっては、引越し&寮生活になる。
都市部は、物価が高め。

・県立・市立病院などの公立病院
求人がなかなか出ない。
公表義務で求人掲載をするが、縁故採用で決定済みの場合がある。

・私立の大病院
 「派閥」や「勉強会」などのしがらみが多い。

・経営状態の良い、個人病院
保養施設などの箱物を持っている所は要注意
施設の維持に費用が嵩み、看護師の給与に反映されません
またそういった施設には、経営者一族が入り浸っていることが多いです。
従業員は利用できなかったり、全く保養にならないという声もあります。

 

高収入が狙える医療機関に転職するには

高収入が狙える医療機関は、やはり求職看護師の間でも人気です。
求人が出されるのを地道に待っていても、チャンスを掴むのは大変でしょう。

年収600万へ昇給したいなら:看護のお仕事

月収30万以上の非公開求人が多い
・給与交渉で、より昇給できる可能性もアリ
応募前に自分のモデル給料を教えてくれる

求人を見ただけだと「25~30万」などアバウトな給料しか分からず不安でした…

けど担当者の方が、応募前に自分の詳細な給料額を教えてくれ、納得したうえで面接に進むことができました!

今のお給料では将来が心配だから転職を希望する看護師さんは多いんです。転職で、確実に給料アップさせたいなら「応募前に貰えるお給料の金額」を知ることが大切。

登録後に無料で、あなたの転職後の給料額を教えてもらえるので、とりあえず聞いてみるだけでも良いですね。

看護のお仕事で年収600万の求人を探す→


求人総数はなんと、21万件以上!
様々なカテゴリーからアナタの希望に合った医療機関をご紹介。
特に人気の高い病院や「管理職」求人は、非公開求人として扱われていることが多いです。
もちろん、「高収入」のカテゴリーもご準備しています。

気になる医療機関があれば専任コンサルタントにお尋ねください。
見学や面接などのスケジューリングを早急にさせて頂きます。

「給料が安い」ことに気付いたならば、まずはご相談下さい。
医療機関をご紹介した場合でも、仮に転職に至らなかった場合でも、利用料は無料です。

-看護師, 看護師のお金・給料
-, , , , ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.