ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

新人看護師の悩み 看護師

新人看護師にはうつ病が多い!?原因と対策は?

更新日:

大量のクスリ

 

4人に1人
これはうつ病を罹患したことがある看護師
の数です。

2011年の調査では、メンタルヘルスに不調をきたして休職した看護師のうち、
全体の約47%が20代の看護師
だったという調査結果もあります。

体力的には優位のはずの新人看護師達に、一体何が起こっているのでしょうか?

 

うつ病になる原因は?

まず、看護師を志す人の傾向として「困っている人の力になりたい」という使命感や「自分が何とかしないと」という責任感が強い方が多いです。
そういうタイプは、うつ病を発症しやすい性格の方が多いといわれています。

そういった素地の上に、
・患者さんの急逝
・ヒヤリハット
といった精神的ダメージが加えられます。

・理想と現実とのギャップによる、リアリティショック
も新人看護師の心を折る原因の1つに挙げられています。

 

また病院によっては
・休みが少ない
・夜勤で不規則な生活を送る
ことになります。
肉体的も苛酷な環境が、心身ともに疲弊していく原因となっています。

 

そして看護師が退職に至る一番の原因にもなっている「人間関係」問題。
派閥争いに巻き込まれたり、悪口や嫌がらせ、いじめが原因で、うつ病を発症する新人看護師が毎年大量発生します。

ちなみに、看護のお仕事では24時間365日いつでも相談できます!

生活リズムが不規則な看護師にとっては嬉しいもの。

電話、メール以外にLINEでも連絡できちゃいます。

24時間OK!看護のお仕事に相談&求人を探す⇒

うつ病を発症しないためにできる対策は?

うつ病が発生するメカニズムは、実はまだ全て解明されているわけではありません。
しかし、「セレトニン」という神経伝達物質が物質不足が影響していると考えられています。
ここでは、セレトニンを上手く増やす方法をご紹介します。

 

・日光を浴びる

日光を浴びることで「セレトニン」が分泌されるようになります。
セレトニンが不足すると、不安を感じやすくなり、うつ病を発症するといわれています。
またセレトニン不足は、「不眠症」の原因になるといわれています。

 

慣れない勤務体系で疲れているからといって、1日中カーテンを閉め切って休んだりしていませんか?
これは日照時間が少ないことが原因の「冬季うつ病」を発症する環境を作り出していることになります。

 

お疲れだとは思いますが、昼過ぎまでには一度起きて、外出したり、室内でも日当たりの良い場所で日向ぼっこする時間と取ってみましょう。

 

・バランスの取れた食生活を心がける

「医食同源」という言葉もあるように、実は食事でうつ病に立ち向かうことができます。

 

例えば、「セレトニン」不足を補うには、セレトニンを生成する元になる「トリプトファン」と「ビタミンB6」いう物質を含む食品を積極的に摂ることが勧められています。

「トリプトファン」を沢山含む食品の例を挙げると
・豆類
・魚肉卵
・チーズなどの乳製品
などが、トリプトファンを多く含んでいます。
ビタミンB6は、赤身肉に多く含まれているので、肉類を摂取することで効率よく「セレトニン」を生成する準備が整います。

また「セレトニン」と並んで「葉酸」を沢山摂取することもうつ病改善に効果があると、国立国際医療センターなどの研究結果で明らかになっています。

「葉酸」を沢山含む食品の例は、
・ほうれん草やブロッコリーの緑黄色野菜
・アボガド
・豆類
が挙げられます。

特に「鶏レバー」と「納豆」は、「トリプトファン」と「葉酸」の両方を豊富に含んでいます
一品加えてみてはいかがでしょうか。

 

ストレスを溜めすぎない

緊張の連続の看護師は、ストレスが非常に溜まりやすい職業です。
勤続年数の長いベテラン看護師でもそうなのですから、新人看護師はいつキャパシティ・オーバーしてもおかしくない状態でしょう。

 

運動が好きな方は、スポーツなど体を動かして、「汗をかくこと」をオススメします。
余計に疲れそうですが、実は汗をかくこと自体に癒し効果があります。

 

運動が苦手な方は、「エステ」や「マッサージ」でも同じ効果があるといわれています。
血流を良くすることで、体中に酸素と栄養がいきわたり、ストレスに強い体作りをしてくれます。

 

本当に疲れきっている!という方は、カフェでゆっくりしたり、時間を忘れて趣味に没頭してみるのもいいでしょう。

いずれにしても、「オフのときは仕事を完全に忘れる」ことを心がけてください。

 

うつ病を発症したらどうする?

もしもうつ病を発症してしまったら、早期に医師の診察を受けましょう。
「まだ大丈夫」と思っているうちに、自力ではどうしようもないくらい重症化する恐れがあるからです。
重症化してから治療を開始しても、完治まで長い時間を費やすことになります。

 

また病状により、仕事に支障をきたす恐れがある場合は、看護師長にもうつ病を発症していることを報告し、対策を検討してもらいましょう。
その際、診察やカウンセリングで挙がった発症原因を伝えて、原因を取り除けないか相談してみましょう。

 

うつ病になる原因を取り除けない場合は…

うつ病を発症した理由を説明しても、必ずしも原因を取り除けるとは限りません。
理解されなかったり、実は看護師長が原因だったりするケースもあります。
夜勤の免除やもう少しゆとりのある部署への異動を願い出ても、叶えられない場合もあります。

 

その際、どうするのか?
病状が落ち着くまで、休職するのもいいでしょう。
しかし、復帰後も同じ環境だとすると、またうつ病が再発する恐れもあります。

 

その場合、転職することで、思い切って根本から原因を絶つという方法もあります。

病中のご自身だけでは求人探しから面接などのスケジューリングまでこなすのは、なかなか大変でしょう。
そういったときにぜひ利用して頂きたいのが、看護師の転職支援サービスがあります。

 

親身な相談に乗ってくれる:看護のお仕事

「今、職場を辞めたら人手足りなくて迷惑かけるな…」
「同僚から辞めないでねって言われたんだよね」

と思っていませんか?

ハッキリ言いますが、考えるだけ時間のムダです。

もし、病院側があなたに辞めて欲しくないと思っていたら?

あなたが辞めたいと思わないように、労働環境を改善するはずです。

例えば昇給したり、有給休暇を取りやすくしたり....

残念ですが、あなたが職場を辞めても迷惑はかからないってことですよ。

あまり考えすぎずに自分の働きやすい環境を探してください!

看護のお仕事で長く働ける職場を見つける→


ご希望にあった求人のご提案から面接のスケジューリングや条件交渉まで、コンサルタントが無料で行ってくれる転職支援サービスです。

うつ病を発症するまでの流れや「日勤のみ」や「急性期でない部署」など、病状が少しでも改善する条件を専任コンサルタントにお伝えください。

話を聞いてもらうだけでも心が軽くなりますし、働きながら回復できる道が見つかるかもしれませんよ。

-新人看護師の悩み, 看護師
-, , ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.