ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

転職の悩み

転職面接でよく聞かれる質問と回答ポイント集【終盤編】

更新日:

面接

 

面接もいよいよ終盤。
ここからは採用条件や応募者の志向など、今回募集しているポジションにマッチした応募者かどうかをさらに掘り下げて質問される。

 

企業を選ぶ基準を教えてください

この質問で採用担当者は次のことをチェックしている。
・応募者がビジネスで重視する項目は?
・安定志向か?チャレンジ型か?
・応募先に一貫性があるか?
など。

例えば「安定型か?チャレンジ型か?」で、
社風や求める人材にマッチングしているか
をチェックしている。

また「応募先に一貫性があるか?」という観点からは、
手当たり次第応募していないか?
をチェックしている。

…とはいえ、希望に全てマッチングする会社が同時にいくつも募集をかけているかといわれると、現実的には難しいだろう。

そこで色々な業界や職種に的を広げて、転職活動している応募者がいるのが実情である。

色々な方面に視野を広げて転職活動をしている応募者がこの質問をクリアするポイントは、
【一貫した軸を持つこと】

例えば、
前職で活かせていないスキルを活用できる場が欲しいのならば、
「○○のスキルを活用して貢献できる会社」

前職がルーティン業務ばかりで満足できなかったのならば、
「新しい業務にチャレンジできる環境があること」
など、
前職で叶わなかったことを軸にすると、志望動機ともリンクして一貫性が増していく。

 

くれぐれも
・給料が良い
・年間休日が多い
など、待遇面を前面に押し出すのは止めよう。

 

あなたは周囲からどんな人だと思われていますか?

この質問では、
・周囲の人間との関係性
・客観的に自分を見ることができるか?
・他人の意見を受け入れることができる人か?
などをチェックしている。

ゆえに他者から言われたことを否定したり、「言われたことがない」という回答はNGになる。

さらに他者から言われた内容についてどう思ったか?も、思い返しておくと追撃質問対策になる。

 

採用担当者はこの質問を通して、一緒に働いている姿を想像しているので、
【人物像+理由となるエピソード】
を回答しよう。

エピソードと共に心がけていることも追加すると、人間関係を構築する上で努力しているということも伝わってベターである。

 

当社以外に受けている会社はありますか?

この質問から採用担当者は、
・転職活動状況
・自社の志望順位
・他社での評価
などをチェックします。

正直な所、「受けているのは自社のみ」とは人事も思っていない。
知りたいのは、
他社での進捗状況と自社の志望順位

合格ラインに近い応募者が内定を受けてくれるかどうかの参考にしている。
ということは、志望順位が高い方が内定を受ける可能性が高いと考えるので、
【御社が第一志望】
と答えるようにしよう。

その際にどういった部分を評価して第一志望なのかという理由も付け加えて答えられるようにしておくと、企業への興味度や熱意が伝わりやすくなる。

 

希望年収を教えてください

応募者を採用することが現実的に可能かどうかを見極める質問である。
企業である以上、人を雇用するにあたっての予算が決まっている。

ゆえに非常に優秀な人材で、その能力に見合うだけの金額を提示したとしても、予算を大きく上回る場合は採用することができない。

また逆に極端に低い金額を提示しても、スキルや能力に疑問を持たれて倦厭されてしまう。

これは前職や現職で貰っている年収にも言えることで、相場から大きく外れた金額を貰っている応募者には「何かあるのでは?」と警戒してしまい、選考から外してしまう傾向がある。

年収はバランスが大切
である。

希望年収についての質問で地雷を踏まないためには
【求人票を事前に確認しておく】
ことを忘れずに。

金額に幅がある場合は、「社名+部署やポジション」でインターネット検索するともっと絞り込まれた金額が分かる場合もある。

ちなみに「お金の話はナイーヴだから」と回答を保留するのも、実はNG!
交渉力がないと判断されかねない。

現実味のある数字を提示できるように準備しておこう。

 

 

現在の会社を続けていいのか迷っている人は、ぜひこのタイミングで動き出しましょう!

【こちらの記事もおすすめ】
▶『今あなたの状況で転職できる求人が見つかる!3つの手順とは?』のページへ進む

-転職の悩み
-, , , , , ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.