ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

転職の悩み

精神保健福祉士を辞めたい!辛い現状から考える理想の職場とは?

更新日:

精神保健福祉士の仕事を今すぐ辞めたい。
最近、そう訴える精神保健福祉士が増えています。

精神保健福祉士は受験資格を得るまでも大変な努力が必要な職種です。
そこまで真面目に頑張って、精神障害を抱える人たちの支えになろうとした方たちが、精神的に、肉体的に追い詰められています。

精神保健福祉士の働く現場で何が起こっているのでしょうか?

今回は、「精神保健福祉士が辞めたくなる理由」とそこから考える「理想の職場像」についてまとめてみました。

今悩んでいる精神保健福祉士さんも、これから精神保健福祉士を目指す人も参考にしてみてください。

 

精神保健福祉士とは?

精神保健福祉士とは、「精神科ソーシャルワーカー」のことで、PSWとも呼ばれています。
受験には大学などで一定の科目履修が求められ、合格率60%前後と言われている資格です。
実習の単位を取得するには精神科へ実習に行かなければなりませんが、大学によっては斡旋する学生を決める学内選考があるなど、日頃から勉強しておかないといけない資格でもあります。

精神保健福祉士の仕事は、精神障害を抱える人が、日常生活を送れるように支援することです。
そのために家族の相談に応じたり、本人の社会参加を手助けする業務がありますが、内容は所属先によって異なります。

精神保健福祉士は国家資格ではありますが、まだ人数も少なく、特殊な業務のため、周囲に相談したり、辛さを共感してもらえないという問題を抱えがちです。

では、精神保健福祉士がどんな辛さや悩みを抱えているのかを見てみましょう。

ちなみに、リクルートエージェントに無料登録すると、各企業の内部事情を知れちゃいます。

転職先を決める前に、一度覗いてみてください!
>>428人が内部情報を暴露!あなたの会社は大丈夫?

精神保健福祉士が仕事を辞めたいと感じる理由は?

○患者からの暴力や暴言がある

精神保健福祉士が相手にするのは、精神障害を抱えた方です。
そのためせん妄などから、驚くような暴言を浴びせられたり、時には暴力を受けることもあります。

学校で精神障害についてたくさん勉強してきて、精神障害の患者さんと向き合う覚悟をしてこの仕事に就いたのですが、心が折れそうになることが何度もあります。

頭で病気なんだと理解していても、暴力を振るう患者には正直優しく接することが難しいと感じることもあります。
そんな自分に自己嫌悪を感じて、精神保健福祉士の仕事を続けていく自信がなくなってしまいます。

○精神保健福祉士の立場が弱い

同じ施設で働く看護師や医師などの異職種のスタッフが、保健福祉士の仕事をきちんと理解してくれません
特に病院勤務の精神保健福祉士の場合、他の職種よりもなぜか立場が弱いという精神保健福祉士もいます。

自分たちが患者本人や家族に言えないからといって、精神保健福祉士に丸投げしないで欲しい。
精神保健福祉士は、異職種の愚痴を聞く相手でも、言いがかりをつけられる謂れもないんです。

また人間関係の良くない医療機関だと、連携が上手く取れていないことも多いです。
家族への連絡や転院手続きが遅くなる原因にもなるので、分かった時点で知らせてほしい。
もっと報連相をしっかりして欲しいです。

人間関係や立場の違いからストレスを感じ、体調不良になってしまう保健福祉士もいます。

○精神保健福祉士の業務外の雑務を押し付けられる

医療機関によっては、精神保健福祉士が本来すべきでない業務を押し付けられることがあります。
例えば、引き取り先のない患者の手続きや滞納されている入院費の回収などです。
これって、本来事務方の仕事のはずなのに、精神保健福祉士に押し付けようとしてきます。

さすがにおかしいので抗議すると、なぜかこちらが責められます。
そのため精神保健福祉士としての本業にも支障が出ています。

そういった雑務もあるのならば、入職前にきちんと提示して欲しかった。
事前に分かっていたならば、入職しなかったのにという気持ちで一杯です。

○給料が安すぎる

精神保健福祉士の仕事は、法改正の度に増加しています。
でも、給料が全く上がりません。

精神保健福祉士は国家資格であるにもかかわらず、年収300万以下という人もいる職種です。
しかも、無資格者と同等の給料では納得できないでしょう。

今後、昇給も見込めないので、退職したいと考える精神保健福祉士もいます。

 

精神保健福祉士にとって理想の職場とは?

ここまで精神保健福祉士にとって辞めたくなる理由を見てきましたが、逆に理想の職場とはどんな環境をいうのでしょうか?

辞めたくなる理由を裏返してみると、
・患者の暴力や暴言に対して、きちんと対応してくれる
・精神保健福祉士の仕事内容をきちんと理解した上で、他職種との連携が上手く取れる
・年収が500万以上ある
といったところでしょうか。

「こんな職場あるの?」と思われそうですが、実際にこういった環境で日々の業務に就いている精神保健福祉士もいるんです。

そう。今、あなたがいる施設がたまたま精神保健福祉士にとって働きがいのない職場なだけなんです。

現在も介護業界では慢性的な人手不足が解消されていません。
募集をかけても人が集まらないので、待遇面を良くすることで人材確保しようとしている施設が増えつつあるのです。

そして精神保健福祉士の活躍の場は、医療機関だけではありません。
企業に勤務する従業員へのストレスチェックが義務化される程、精神面のケアが必要とされている現代。
企業内でメンタルケアを担う人材やメンタル面を専門にしたコンサルタント会社が登場するなど、メンタル市場は拡大傾向あります。

企業内の精神保健福祉士の場合、
・メイン業務は、精神疾患の従業員の個別面談
・ほぼ定時で帰れる
・土日祝が休みの事が多い
・年収が450万以上ある
という好条件で働けることがあります。

せっかく努力して資格を取得したのですから、精神保健福祉士を辞めてしまわずに、違う職場でその能力を活用してみませんか?

 

精神保健福祉士が転職で失敗しないために

もっと働きやすい環境を求めて転職活動をしようと思った時にしておいた方が良いことがあります。
転職サイトに登録することももちろんですが、「転職エージェント」と呼ばれる転職のプロにアシストを頼むことです。

転職を成功させるには、「より多くの情報」が必要になります。

求人情報しかり、転職先の内情しかり…。

転職エージェントに様々な求人情報が集まってきますが、その大半が登録者のみに提供される「非公開求人」です。
転職成功の可能性をアップされるためには、より多くの求人情報を知ることがキーになります。

次に入職を考える施設が出てきたら、どんな環境なのか知っておいた方がベターです。
給料などの条件が良くても、人間関係が悪い職場だと辛いでしょう。
転職エージェントには、そういった表からでは分からない内情も集まってきます。
転職エージェントの営業自身が収集してきた情報もありますし、元職員からヒアリングした内容もありますので、信憑性が高い内容が多いです。

転職エージェントの中でまず1番に登録しておくことをオススメしているのは、業界No.1転職エージェントの「リクルートエージェント」。

他の転職エージェントに比べて、コンサルタントの質が高いと評判です。
面談を通して、ニーズのある施設や業界などを教えてくれたり、「転職が必要なのか?」といった相談にも乗ってくれます。

その結果、今すぐ転職しなくても、利用料は無料です。

自分がどうしたいのか?どんな可能性があるのか?と知るという意味でも、気軽に相談してみてください。

 

-転職の悩み
-, , , , , , , ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.