ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

転職の悩み

未経験でも逆転採用を狙える、職務経歴書のポイントとは?

更新日:

職務経歴書

 

転職活動をしていく上で避けて通れない物がある。

それは、「職務経歴書」の作成。

 

これまでの経歴をほぼ箇条書きする履歴書と違い、「職務経歴書」は自分という人間が伝わるように作成しなければならい。

 

何を書いたらいいのか?お悩みの方の多いのではないだろうか?

 

…ということで、今回は「職務経歴書」で人事がチェックする項目と、未経験者でも逆転採用が狙えるポイントをまとめてみた。

 

1.培ってきたスキルや経験とそのレベル

同業界や同職種からの転職であれば、これまでの経験や実績を踏まえて
貢献できる内容
がアピールポイントとなる。

 

まずは、

・業務やプロジェクトの内容や規模
・ポジション
・成果は?
・どんな経験をしたか?

を時系列に並べてみよう。

 

人事に見てもらいやすいように、アピールしたいキーワードを盛り込みながら、できるだけ端的にまとめよう。

まとまったら、成果などに【数値】を盛り込んで、より具体的なエピソードに仕上げていこう。

 

ここまで読んで、未経験者の転職は圧倒的に不利に思えた方もいるだろう。

しかし、異業界や異職種からの転職でもチャンスはある。

 

 

未経験者の場合、
業界の知識や業務内容について、どれくらい理解しているか?
という点が問われる。

 

 

業界の華やかな部分だけをアピールする応募者がいるが、他の候補者と差をつけるためには、

【業界や職種の泥臭い部分】

を交えた上で、「それでも、やりがいがある」とまとめた方が、人事に「この候補者は、分かっているな」と思わせることができる。

 

 

未経験転職の場合、人事が最も懸念するのは

イメージと違った場合、退職するのではないか?

ということだからだ。

 

 

2.スキルや経験をどのように活用できるか

未経験者の場合、この部分が埋まりづらいと考える方が多く見受けられる。
確かに業界経験者で即戦力になりそうな人材とは、大きく差をつけられるポイントになるだろう。

しかし実は、
条件を全て満たした応募者が登場することは
非常にまれ
なのだ。

だが、そんな人材を待っている余裕は、企業にはない。
ということで、やや経験やスキルが不足していても、意欲の高い未経験者を採用するケースがある。

いわゆる、
【ポテンシャル採用】
というものだ。

人事は採用の的を広げるために、例え扱っているアイテムその物が異なっても、
どこかに共通点があれば、経験として考慮する
ことがある。

人事にポテンシャルを感じさせる職務経歴書にするためには、まず
・なぜその業種や職種を選んだのか?
・その仕事をしていく上で、努力していることは?
・なぜ転職するのか?
・なぜその会社を志望するのか
を書き出してみよう。

すると
・自分のやりたいこと
・それを叶えるためにどんな努力をしてきたか
・どうして前職ではダメなのか
・その会社で貢献できること
が見えてこないだろうか?

これをつなぎ合わせていくと、
「自分は○○に興味があり、△△をしたい
 そのために独学で勉強してきたが、
 現職ではこの分野についてのポジションは
今後も用意しない
とのこと。

 これまで培った経験をベースにして、
 御社では□□の部分で貢献していきたい

 確かに納期前などに長時間残業が発生する
仕事ではあるが、それでもやりがいのある
仕事だと思う。」
という、文章が自動的に出来上がっていることにお気付きだろうか?

 

さらにこれは
あなたがこの転職でやりたいこと
つまり
【志望動機】
にもつながってくるのだ。

これまで未経験者を採用してきた人事が「意欲」と「ポテンシャル」を感じた採用者に共通していたことは、
・何をしたいのか?
・そのために何をしてきたか?
・どうして、うちなのか?
を明確に応えることのできた応募者だったという。

つまりこの部分を押さえておくと、
面接時に建設的な話ができる
ようになるのだ。

3.入社後のキャリアパスや身につけたいもの

さて、転職先でやりたいことが明確になったら、次は具体的にはそれをどう叶えていくかだ。

未経験者の場合、はっきり言って、
入社直後にやりたいことを任されることの方がまれ
だからだ。

いきなりゴールにたどり着けなくても、階段を登るように徐々に近づくことは未経験者にもできる。

それを
【キャリアパス】
という。
「何年後には○○を…」といった具体的な目標のことである。

例えば、
入社半年で○○の業務を、1年後には○○を、3年後には○○の分野を任せてもらえるようになりたい。
というように、
いつまでに、何ができるようになりたいか?
を考えてみよう。

具体的な年数や数値目標を交えても良いし、社員教育など全体のスキルアップにつながるものでもよい。

企業にとって、
【長期的に見て、自分を採用するメリット】
は何か?を考え、自分の成長グラフに重ねて考えてみると良いだろう。

ここで大切なのは、
自分のレベルに合っている目標をたてること

あまりに乖離した内容だと、逆に現状が見えない人と評価されかねないので、頑張れば実現可能な目標を盛り込んでみよう。

 

 

いかがだったろうか?
「未経験だから」という理由で避けてきた求人も、職務経歴書の書き方1つでチャンスに変わることがある。

もしもその仕事に興味があり、やってみたいと考えるならばまずはチャレンジしてみよう。

 

現在の会社を続けていいのか迷っている人は、ぜひこのタイミングで動き出しましょう!

【こちらの記事もおすすめ】
▶︎『今あなたの状況で転職できる求人を見つかる!3つの手順とは?』のページへ進む

-転職の悩み
-, , , , , ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.