ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

転職の悩み

保育士が転職したい時に知っておくこと!転職しやすい職場は?

更新日:

全力でぶつかってくる子供の相手をし、書類作成や制作は残業や持ち帰りでこなす。
子供が怪我をしようものなら頭を下げ、保護者への対応に苦慮する。
上司や先輩、同僚も女性ばかりで、難しい世界。

…そこまでしても、給料が安い!

もう保育士を辞めたいと感じていませんか?

でも、勢いや楽観視して、退職してしまうのは危険です。

今回は、転職したい保育士が「退職前に知っておくこと」と「転職しやすい職場」についてまとめてしました。

 

保育士から異業種、異職種への転職は難しい

保育士は今、慢性的な人手不足に悩まされています。
ですので、保育士の求人は比較的豊富にあります。
経験の少ない保育士でも、そんなに苦労することなく入職先を見つけることができるでしょう。

しかし、保育士から異業種や異職種への転職は、そうはいきません。
保育士の仕事や資格は、専門的でつぶしがきかないからです。

会社によっては、高卒と同じ扱いや給与ベースが適応されることもあります。
特殊な仕事であるので即戦力として見てもらえず、転職活動で苦戦する可能性があります。

 

保育士が異業種、異職種に転職する際に知っておくこと

女性の転職先として人気が高いのが、「事務職」です。
しかし、近年では事務の正社員の募集は少なく、代わりに派遣社員で業務を回している企業が沢山あります。

特に事務職の場合、正社員も派遣社員も、年齢が上がるにつれて、求人数も採用率もどんどん下がる傾向にあります。
もし事務職の正社員を狙うのならば、若いうちにチャレンジしてみましょう。

事務職はもちろん、最近では、色々な職種でパソコンのスキルが必須となります。
しかし、前職が保育士の場合、パソコンのスキルがなかったり、低いのではないか?という先入観を持たれがちです。

まだ手書きで書類作成している部分もあるかと思いますが、世間が思っている以上に保育士はパソコンを使うことが多い職業です。
応募書類や面接では、パソコンのスキルがある点をしっかりアピールしましょう。

もし、今時点でない方は、「Word」、「Excel」は使えるように、勉強しておきましょう。

どうしてもパソコンが苦手な方は、カスターマーサポートやコールセンターなど、パソコンのスキルよりもコミュニケーション力求められる事務職もありますよ。

 

保育士のキャリアを活かした転職先は?

転職したいけれど、保育士にとって全く異業種への転職はなかなか難しそうです。
ならば、保育園以外の場所で、保育士の資格を活かした働き方をしてみてはいかがでしょうか?

○企業内の保育施設

最近、企業や病院などの中で、勤務スタッフの子供を預かる企業内保育施設が増えつつあります。
ニーズの急増を受けて、求人数も増えつつある働き方です。

運動会などのイベントがない所が多いので、準備に追われて残業三昧になることもありません
また、正職員として募集をかけている所も多いので、安定した職に就ける可能性も高いです。

○キッズスペースでの保育士

美容院や病院、ホテル、自動車学校、イベント会場などで子供を預かってくれるサービスをしている施設が増えつつあります。
そういった場所での求人も増えつつあります。

短時間だけ子供を預かるので、保護者との人間関係に悩まされている保育士さんには、煩わしさを感じなくて良いかもしれません。

○児童養護施設や乳児院

児童養護施設や乳児院では、保育士の資格がよく求められます。
大変な面はありますが、社会的にも貢献度が高く、保育に欠ける子供の育成を助けるという保育士の本分を果たせる職場でもあります。

また、正職員で募集がかかることが多く、月収も20万円以上と好条件の場合があります。
宿直の有無なども確認して、条件がありそうならば応募してみるといいかもしれません。

○学童保育や幼児教室の指導員

特に資格が必要なお仕事ではありませんが、保育士の肩書があると採用されやすかったり、条件面でも優遇してもらえることがあります。
もし独立する場合も、保育士資格があるという事はステータスになり、集客力アップにつながります。

○介護

保育士の資格を取得する際に、基本理念や勉強する内容で共通していることが多いのが、「介護職」です。
介護職の求人は常にあるので、条件さえ合えば応募しやすいというメリットもあります。
また、保育士から介護士に転身して活躍している方も沢山いらっしゃいます

 

保育士が転職したいのならば

保育士は、通常業務だけでも激務です。
保育士の仕事をこなしながら転職活動をするのは、かなり大変です。

一番大変なのは、求人を検索して、応募先を探す作業です。
この部分だけでもクリア出来たら、効率よく転職活動が進められると思いませんか。

長時間労働な保育士さんが転職を考えた時に頼って欲しいのが、転職希望者と人材を探している企業を結び付ける「転職エージェント」と呼ばれる会社です。

転職エージェントに登録すると、あなたの希望にあった求人情報の提供が受けられるだけでなく、面接対策や応募書類の添削などのより良い転職を叶えるための様々なサポートを無料で受けることができるんです。

数あるエージェントの中でも特にオススメしているのが、求人数、紹介実績ナンバー1の「リクルートエージェント」。

「リクルートエージェント」は、どんな働き方をしたいのか?を引き出してくれるヒアリング力と持っている求人数が、他社に比べて段違いです。

提案される色々な働き方の中から、自分に合ったものを探してみてはいかがでしょうか?

-転職の悩み
-, , , , , ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.