ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

一般企業・公務員 転職の悩み

営業ノルマきつい!営業職からジョブチェンジするためのポイントは?

更新日:

営業って、良くも悪くも「向き不向き」が出やすい職業の1つです。

さして苦労もせずにノルマを達成できる人、そうでない人の差がはっきり表れてしまいます。
最低限のノルマも達成できないと、上司からの叱責や会議での吊し上げなど、精神的に相当辛い思いをする方もいるでしょう。
ストレスに耐えきれず、退職してしまった方も身近にいるのではないでしょうか。

もう営業したくない!

ならば、営業職以外に転職すればいいんです。

今回は、ノルマがきつい営業が、営業職以外にジョブチェンジする際のコツを伝授します。

 

営業の転職の問題点は「営業に回されやすい」ということ

営業は営業にしか転職できないという人がいるくらい、転職先でも営業職になる人が多い職種です。

今まで培ってきたコミュニケーション力や営業ノウハウなどを転職先でも活かしたいと考える人が多いという点もありますが、営業経験者だと転職先からもそういったスキルを期待されがちです。

全然違う職種や部署の求人に応募したのに、営業で採用になったり…。
入社からしばらく経って、営業部隊に異動になったという例も沢山聞きます。
良くも悪くも、営業の経験が次のキャリアにも影響を与えているのです。

でも、あなたは「営業」として働く気はないんですよね。

でしたら、「なぜ営業ではなく、他の職種を志望するのか?」を突き詰めて考えてください。
転職活動をするにあたって、営業以外の仕事を選んだ理由は必ず質問されます。
そこでポジティブかつ採用担当者が納得できる回答ができないと、内定は難しいでしょう。

例えば、

・仕事の幅を広げて、○○の仕事に携わりたい
・フロントより後方でのフォローの方が向いている
・ジェネラリストとして活躍したい

など。
決して、「営業が嫌」とは言わないようにしましょう。

また、面接の際に「営業になるつもりはない」ことも強調しておきましょう。
転職してまで営業になりたくないのであれば、その点はしっかりアピールしておきましょう。
目先の内定よりも、入社後のポジションの方が大切ですからね。

 

自己PRでは営業で培ったコミュニケーション力をアピールしよう

営業職が転職の際にアピールできるポイントは、実に企業にとって有益な物ばかりです。

例えば、

○コミュニケーション力

クライアントとの円滑な人間関係を作るには、コミュニケーション力が必要です。
さらに社内や関係先の人とも良好な関係を築けるという能力は、入社後に会社に馴染めるか?という点にも結び付いてきます。
人間関係を円滑にするために、どんな点に気を付けていたか?などのエピソードを添えて、アピールしましょう。

○事務処理能力の高さ

管理部門などの事務職を志望するのならば、事務作成も迅速にできるスキルが求められます。
書類の作成や数字を管理していた実績もアピールポイントになります。
また、「1日あたりのメールの処理件数」も、事務処理能力を測る指標になります。
具体的な数字を交えて、アピールしましょう。

○売上実績

営業職の能力が一番問われるのが「売上実績」です。
幸いなことに、数値で明確に示すことができる項目ですので、必ず金額や達成率などの数値情報を入れましょう
そして、その数字を達成するために努力した点、工夫した点なども、同時にアピールしましょう。

 

ノルマなしの営業職もある

実際に、転職サイトに登録している方もいらっしゃると思いますが、営業職以外のスカウトって来ていますか?

正直、スカウトメールのほとんどが営業職ではないでしょうか?

やはり、営業経験がある人は、営業へのお誘いが多くなるものです。
そこで妥協して「営業でもいい」と思ってしまうと、また営業職になってしまいます。
特に、転職活動が長期化している方は、内定が欲しくて妥協しがちです。

営業が異職種に転職するのならば、「絶対に営業にはならない」という強い意志が必要です。

でも、雇用情勢や個々の事情などによっては、そういう訳にはいかない場合もあるでしょう。
やむを得ず営業職を選ばないとならない場合は、「今の営業の何が嫌なのか?」を考えてみてください。

・新規営業が嫌 → ルート営業
・ノルマが嫌 → ノルマがない、少ない営業

といったように、同じ営業職でもターゲットや営業手法が異なる営業もあります。
いざという時は、そういった問題点のかわし方もあることを覚えておいてください。

 

異職種への転職を考えるのならば、転職エージェントの力を借りよう

営業から異職種へ転職した例としては、

・人事部門
・経理、事務職

などが挙げられます。
人事部門などでは、営業職を採用する際に、元営業としての視点が役立っているそうです。
このように未経験の仕事にチャレンジして、成功している方は沢山いるのです。

でも、異職種への転職の場合、分からないことが出てくると思います。
そういった時は、色々な業種や職種に精通している「転職エージェント」と呼ばれる会社に相談してみるといいです。

転職エージェントでは、
・現職の問題点をカウンセリング
・あなたのスキルや経験、強みを分析し、向いている働き方や市場価値をアドバイス

・「世の中に出回っていない求人情報」の情報提供
・面接対策
・応募書類の添削
などのより良い転職を叶えるための様々なサポートを無料で受けることができるんです。

 

数あるエージェントの中でも特にオススメしているのが、

累計41万人が転職成功!リクルートエージェント

「他業種に転職してみたいが、何があっているのか分からない」
「今よりも給料の高い職場があるのか知りたい」

という方にオススメなのがリクルートエージェント。

年間3万人以上が転職に成功しているんです。

土日、平日夜でも面談可能(電話面談も)
・あなたの適性から業界、職種を紹介してもらえる
面接練習、対策セミナーもあり

他にも、気になる企業の内部事情も教えてくれるので、転職のミスマッチが起こりにくいんです。

これらのサービスを全て無料で使えるのも嬉しいですね。

リクルートエージェント公式サイトで詳細を見る>

例え、営業以外の職種に就いても、これまでの経験はどこかで活きてきます。
営業が嫌すぎて、あなたが疲弊する前に相談してみてください。

色々な働き方があることが分かれば、視野が広がるのではないでしょうか。

-一般企業・公務員, 転職の悩み
-, , , , , , ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.