ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

一般企業・公務員 退職・失業の悩み

退職の意志をいつ・誰に・どうやって伝えるか

更新日:

退職の意志をいつ・誰に・どうやって伝えるか

自己都合による退職の意志が固まったら、自分の直属の上司にまず伝えます。

こうした理由で、いつ頃までに会社を辞めるという旨を伝え、事前に了解を得ておくべきです。

次に、「退職願(退職届)」、いわゆる辞表を書面で提出します。

宛名は社長名にして、社名は正式名称にしましょう。㈱などの略称は使わないのが一般的です。

しかしこれはあくまでも形式的なものですので、特に自分の考えなどを詳しく述べる必要は全くありません。

民法の規定では、退職願の提出は、退職する2週間前となっていますが、これはあくまでも法律上でのことです。

今まであなたが関わってきた仕事の内容・役割の重要度・現在の社内や社外の状況など、会社ごとに設けている規定により異なってきますが、1ヶ月以上前に提出するのが一般的です。

ここで考えるべきことは、「いつ辞めたらいいか」ということです。

もちろん、辞める時期はいつでも構わないですが、退職する時期によって、有利・不利がでてくる場合があります。

例えば、辞める時期によって雇用保険による失業給付を受けられる場合と、受けられない場合があります。

雇用保険は、「退職以前の2年間に、通算して12ヶ月以上被保険者として保険料を払い続けている期間がある」という人にのみ、失業給付が受けられるという制度です。

(ただし、倒産・解雇などの場合は離職前1年間に社会保険者期間が6ヶ月以上あればいいという例外もあります。)

失業給付などいらない、という場合は別ですが、退職後して独立したとしても、すぐに収入を得られるとは限りません。

あと何週間か何ヶ月かでこの規定に達するという場合なら、もう少しだけ我慢することも選択肢に入れましょう。

とりあえずは失業給付をもらえる条件をクリアしてから退職し、失業給付を受けながら独立・転職の準備をするというのが得策といえます。

勢いで辞表を出すのではなく、退職後最も自分に有利になるように考え、計画的に行動しましょう。
『今あなたの状況で転職できる求人を見つける3つの手順』のページへ進む

-一般企業・公務員, 退職・失業の悩み

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.