ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

ブラック企業の話

【失業給付Q&A】退職後の失業給付が130万を超える見込みですが、夫の健康保険の被扶養者になるのは可能?

更新日:

健康保険の被扶養者

まず、被扶養者になれるかどうかの条件を見てみましょう。

被扶養者とは、被保険者の収入で生活している家族のことです。但し家族は誰でも「被扶養者」になれるわけではありません。(ちなみに健康保険の扶養家族は、会社の扶養手当だったり、税制での基準とは異なりますので注意してください。)

認定条件はいくつかありますが主要なものを書いておきます。

被保険者が、対象の家族を扶養せざるを得ないこと
被保険者が、対象の家族の生活費を主に負担している.
対象の家族の年収は、被保険者の年収の1/2未満でなくてはならない

つまり、夫が例えば200万の年収であれば、妻は100万円以下でなければ扶養対象とはならないのです。

 

また、よく聞く130万などの年収の限度は、年齢によって異なります。

60歳以上なら年間収入が180万円未満、60歳未満なら130万円未満です。

年間収入とは、年金、給与等継続性のある収入のことで、この収入枠には失業給付も含まれます。

 

ただし、退職金などの一時金的なものは含まれません。

なお、被扶養者の認定基準は、同居、別居によっても異なります。

 

したがって、60歳未満で130万円以上の失業給付を受けているのであれば、被扶養者にはなれず、国民健康保険などに自分自身で加入することになります。

しかし、基本手当を受け終わってから、ご主人の会社の健康保険に扶養申請すれば、健康保険の被扶養者となり、保険料はいらなくなります。

-ブラック企業の話

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.