ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

一般企業・公務員 退職・失業の悩み

【失業給付Q&A】 失業給付をすぐもらえる人ともらえない人の違いは?

更新日:

失業手当の給付制限

正当な理由がなく自己の都合で退職した場合や、自己の責めに帰すべき重大な理由により解雇された場合は、離職した人が自発的に失業状態をつくりだしたことになるため、7日間の待機期間の後、さらに3ヶ月間の給付制限の期間が設けられます。

これは、基本手当の支給が一定期間支給されない期間で、それを経過すれば基本手当が支給されます。 所定給付日数そのものが減るわけではありません。

また、自己の都合で退職した場合でも、公共職業安定所で「正当な理由」があると判断された場合は、給付制限を受けません。

正当な理由とは、被保険者の状況(健康状態・家庭の事情)、事業所の状況(経営の状況、雇用管理の状況、労働条件)からみて、その退職がやむを得ないと客観的に認められるケースです。

よって、やむを得ない事情で退職した時は、離職票の具体的事情記載欄(離職者用)に、退職に至った経緯などを記載しておくと良いでしょう。
→『今あなたの状況で転職できる求人を見つける3つの手順』のページへ進む

-一般企業・公務員, 退職・失業の悩み

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.