ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

ブラック企業の話 一般企業・公務員

事例から見るブラック企業の手口1

更新日:

ブラック企業の手口

①パワハラ・セクハラ

軍隊的な指導をする某飲食店チェーンでは、上司からは絶対服従を求められ、気に入らないことがあると殴る・蹴るの暴力を振るわれた。

某テレアポ会社では、ノルマを達成できなかった場合、朝礼で全員の前で罵られ、「気合を入れる」という名目で上司に竹刀で殴られるケースもあったという。

ブラック企業では、指導しては不必要な暴力や過剰な叱責が状態的に行われる他、解雇したい社員を自ら辞めさせるために、意図的にパワーハラスメントを行い、鬱病に追いやることもある。

また、女性に対しては執拗なセクハラが常習化・横行している会社もある。

②長時間労働の強要・常習化

某居酒屋チェーンでは、朝9時から夜12時が当たり前という長時間労働に従事させられていた。

ブラック企業によくみられる違法行為に、長時間労働がある。これは安全配慮義務違反であり、一般的に月80時間の残業が過労死ラインと呼ばれる。

この80時間を超えると心身が破壊され、鬱病を引き起こし、過労死、過労自殺を招く可能性が高いとされている。

ブラック企業では、これを遥かに越える長時間労働が強要されている。

車の中で寝泊まりする長距離ドライバーや、一週間のうち家に帰れるのは数時間というIT技術者、開店業務と閉店業務があるのでほぼ店舗に住んでいるような状態の飲食店店長など、1日8時間の所定内労働より時間外労働(残業)の方が長い、という異常な長時間労働に従事させられているケースも多い。

③PIPで精神的に追い詰めて自主退職させる

PIPとは、パフォーマンス・インプルーブメント・プログラム=業績改善計画のことで、特に外資系企業で、退職を強要する目的で行われることがある。

業務命令としてPIPというプログラムを受けさせることで、形式的には退職勧告すらせず、従業員を会社から追い出すというやり方だ。

合理性のない業務命令で達成困難な難題を与えられ、さらに成果を提出した後で、業務命令の内容自体を変更し、成果を全否定する。

これを繰り返すことで、精神的に追い詰めて自分から退職するように仕向ける。また、達成できないことを理由に解雇したり、仕事を取り上げるなどのパワハラを行い、自主退職させる手口である。

④派遣などの非正規雇用のまま、安い給与で使い捨てする

ブラック企業の特徴として、派遣社員などを非正規雇用のまま、いつまで経っても正社員にしないで、安い給与のまま使い続けるということがある。

某○○生協に派遣されていたAさんは、手取り14万・年収170万程度で、交通費も支給されなかった。

直接雇用の正社員や契約社員、パートタイマーには支給されるボーナス・交通費も支払われず、健康診断も予防接種も受けられなかった。

派遣先は、3ヶ月という短い契約を繰り返しながら7年間、不安定で低い待遇の派遣労働者として都合よく働かせた挙句、直接雇用するよう求めたことをきっかけに雇い止めした。

人を使い捨てするために、法律を無視する・意図的に誤用するというのはブラック企業によくあるケースである。

⑤管理監督者制度や裁量労働制の濫用

ブラック企業では、管理監督者制度や裁量労働制をの誤用・濫用がよく行われる。

裁量労働制とは、業務の遂行方法が大幅に労働者の裁量に委ねられる一定の業務に携わる労働者について、労働時間の計算を実労働時間ではなくみなし時間によって行うことを認める制度である。新聞記者・コンサルタント・弁護士など、一部の専門的職種・規格管理業務が対象となる。

しかし、実際には残業代の支払いを免れるために、仕事の裁量もなく労働時間を管理されて働く労働者を裁量労働だとするケースがある。

携帯電話販売会社に正社員として入社したBさんは、店舗に配属されると3ヶ月後に店長となり、朝と夜の開店・閉店業務を任されるようになる。

労働時間は1日14時間を越えたが、店長手当という名の月3万円程度の手当が支払われるだけで、残業代は一切支払われなくなった。

朝から晩まで店舗に縛り付けられ奴隷のように働き、自分の労働時間を自由に組み立てる余地はなかった。

半年後、疲労がたまり、精神的に追い詰められて鬱病を発症。

見舞いに来た役員に「これを乗り越えてこそうちの社員だ。もっと頑張れ」と言われ退職を決意した。
そんな時にオススメなのが、、

【MIIDAS(ミイダス)】
miidas

MIIDAS(ミイダス)は大手求人サイト『DODA』が運営する転職診断サービスです。(無料)
サービスの特徴として、

1分の診断で【あなたの市場価値を診断して】見せてくれます。
DODAは全国的にも大手の転職サイトなので、豊富な転職情報があり、あなたの選択によってひとそれぞれの強みを診断してくれます。
スマホでどこでもできるので、占い感覚で試してみてください。
実際に利用した方の口コミとして、、

・自分の強みがわかって、自信が出てきた!
・自己分析の役に立った!
・年齢的に無理かと持ったけど、意外に入れそうな企業があった!
・自分の市場価値がわかり、身が引き締まった!
・未経験でもいける会社があるのがわかった!
・気軽にやったけど、転職の際にとてもお世話になった!

このように、皆さん気軽に情報収集をしています。
転職でうまくいった人のほとんどが利用しています。
まだ使ったことがない方は1度試してみましょう。

>>1分簡単!あなたの市場価値を無料で占ってみる

『今あなたの状況で転職できる求人を見つける3つの手順』のページへ進む

-ブラック企業の話, 一般企業・公務員

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.