ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

新人看護師の悩み 看護師

新人看護師がプリセプターとの関係に悩む原因は?乗り切り方は?

更新日:

こめかみを抑える看護師

何もかもが辛い1年目の新人看護師。
でも、何よりつらいのは、心の拠り所であって欲しいプリセプターが冷たいことでした。

 

他の同期には笑顔で話したり、皆がいる場所で嫌味を言って笑ったり。
かといって、しっかり指導したのに私ができていないのではなく、ほとんど放置なのにこの状態です。

 

新人看護師とプリセプターって、どこもこんな感じなのでしょうか?
それとも、私に問題があるのでしょうか?

 

プリセプターには、合う、合わないがある

確かに新人看護師はできることが限られています。
だからこそ、精神の拠り所役だったり、技術教育の名目で、プリセプターをつけるのです。

 

いくら新人看護師とプリセプターという関係になったからと言って、上手くいくわけではありません。
上手くいかないのには、大きく分けて2つの意味で「合う、合わない」があるからです。

 

その1.人間的に合うか?合わないか?

看護師同士で、指導する立場、される立場になるわけですが、それ以前にお互い1人の人間です。
どうしても
相性の良し悪し
がついて回ります。

 

これはもう、どうしようもありません。
決定的な原因に心当たりがなかったとしても、相性が合わないという理由で冷遇されることもあります。

 

その2.人を指導する能力があるか?ないか?

多くの場合、看護師経験3年前後の看護師がプリセプターになることが多いでしょう。
3年目といえば、一通りの処置や業務の流れを理解している時期になります。

 

しかし、問題が起こる原因は
プリセプターになったからといって、「新人を教える能力」があるわけではない
ということにあります。
「どうやって新人看護師に教えていったらよいか分からない」と悩むプリセプターが多いのも事実です。

 

下手なりに試行錯誤しているプリセプターはまだ良いのですが、仕事として任されている以上、努力をしないプリセプターは問題です。

 

そういうプリセプターは、自分の業務で手一杯だったり、本当はやりたくないのに任命されたりという背景があるのかもしれません。

 

乗り切るためには

新人看護師がプリセプターとの関係に悩んだときの対策法をいくつかご紹介します。

ストレス発散法を見つける

プリセプターの態度にイライラを募らせることもあるでしょう。
ならばその感情を無理にため込まず、発散できる時に発散させておきましょう。

カラオケだろうが、ボクササイズだろうが、皿を割るだろうが…
他人に迷惑を掛けない方法であれば、何でもよいです。

ストレスと溜め込み過ぎると、心身に異常をきたして、勤務することが難しくなります。
メンタルヘルスを維持する上でも、小出しでも良いので、発散できる方法を見つけてみてください。

 

他に質問できる看護師を探す

プリセプターに分からないこと質問しても、建設的な回答やヒントが得られなかったり、手技のつたなさを笑うだけで全く指導しようとしなかったことはないですか?

このままこのプリセプターだけに指導を仰いでいて、1年後に自分は独り立ちできる看護師に成長することができると思いますか?

もしも難しいと感じているのならば、プリセプターに拘らず、
聞きやすい先輩を他に探したほうが良い
でしょう。

質問したことに丁寧に答えてくれたり、手技の練習に付き合ってくれたり。
そういった方と接している方が、今よりもずっと進歩できると思いませんか?

もちろんプリセプターとの接点はなくすことは難しいですが、必要最低限にすることで少しは気楽になるのではないでしょうか?

 

上司や看護師長に相談する

上司や看護師長はアナタたちを統括する立場にありますが、現場の全てを知っているわけではありません

精神的に追い込まれて退職する際に、これまでの事を伝えて初めて知ったというケースも多々あります。
あまりにやりにくい場合や嫌がらせに発展している場合は、できるだけ早く相談してみることをオススメします。

場合によっては、プリセプターの変更などの措置を取ってくれあることもあります。

 

それでも改善しない場合は

上司や看護師長に相談しても改善しなかったり、嫌がらせに加担している場合は、その部署に居続けること自体を考えた方が良いかもしれません。

プリセプターと直接関わらないといけない期間は、大体1年です。
プリセプター期間が終了しても、その環境でやっていかなければならないことには変わりません。

問題を改善しようと考えない環境では、今度はインシデントの責任を全て押し付けられるなど、違った問題に発展する可能性もあります。

問題に巻き込まれたり、心身のバランスを崩す前に、環境を変えることも考えてみて良いと思います。

その一環として、第三者の意見を聞いてみるとよいでしょう。
看護学校の同期や先輩などもよいですが、より多くの環境と比較したいのならば、沢山の医療機関を見てきた転職エージェントで情報収集してみるのもよいでしょう。

親身な相談に乗ってくれる:看護のお仕事

「今、職場を辞めたら人手足りなくて迷惑かけるな…」
「同僚から辞めないでねって言われたんだよね」

と思っていませんか?

ハッキリ言いますが、考えるだけ時間のムダです。

もし、病院側があなたに辞めて欲しくないと思っていたら?

あなたが辞めたいと思わないように、労働環境を改善するはずです。

例えば昇給したり、有給休暇を取りやすくしたり....

残念ですが、あなたが職場を辞めても迷惑はかからないってことですよ。

あまり考えすぎずに自分の働きやすい環境を探してください!

看護のお仕事で長く働ける職場を見つける→


これまで沢山の看護師と関わってきた経験から、「その病院で勤務し続けるメリットがあるか?」という点からアドバイスをしてくれます。

もしも環境を変えた方がアナタにとって良い場合は、求人総数21万件以上の中から、希望に近い求人を紹介してもらえます。

初めての転職で分からない点や不安な点が色々ありますが、無料書類の添削をしてもらったり、模擬面接をしてもらうことも可能です。

新人看護師がプリセプターとの関係に悩んだら、一度相談してみるといいですよ。

-新人看護師の悩み, 看護師
-, ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.