ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

転職の悩み

新卒が仕事を辞めたい理由と辞めたくなったらまず考えること

更新日:

w2

長く苦しい就職活動を終えて、新卒社員となったアナタ。
しかし4~6月にかけて「会社を辞めたい」と思う新卒が急増することはご存知ですか?

5月病にしては長くない?
どうして入社早々に辞めたがるのか?

まずは、新卒が会社を辞めたいと思う理由をランキング形式で見ていきましょう。

 

第1位 人間関係

学生時代と違い、そりの合わない人間とも接しないといけないのが社会人。

知識不足や確認作業がおぼつかなくてミスした際も、学生時代とは違い、上司にきつく叱られることもあるでしょう。
また、先輩から定時後の飲み会や休日の誘いを煩わしいと感じる新卒もいるようです。

そういった人間関係に疲れて、会社を辞めたいと感じるようになるようです。

 

第2位 仕事が激務すぎる&薄給

慣れない環境に仕事。覚えることも盛りだくさん。
とにかく時間の足りない新卒は、残業三昧のスタートを切ることになりがち。

長時間労働をどこかでリフレッシュできればいいのですが、急遽、土日出勤になったり、先輩につき合わされたりと、心身ともに休む暇がない場合も。

そのわりに「貰える給料は少ない」となると、必然的にモチベーションへ影響が出てきます。

残業が多い業種、特に外食、医療・介護系の新卒にこの傾向は多く見られるようです。

 

第3位 理想と現実のギャップ

「この仕事がしたい!」と意気込んで入社したが、思っていた仕事と全然違っていた、という人に多いパターン。

中には、入りたい事業部が入社直後に廃部になってしまったという方もいるようです。
まだその仕事に携われる可能性があるのならば、

新卒にいきなり任せてもらえる仕事は限られていること
今、与えられた業務を確実にこなして、信用とキャリアを積むこと

に目を向けるとよいのですが、切り替えができないと会社を辞めたいという考えに陥りやすいです。

もし新卒で会社を辞めたくなった時にまず考えて欲しいのが、

「10年後もその会社にいたいか?」

ということ。

将来に対してのビジョンが描けなかったり、具体的な不安がある場合は、その会社にいても自身の為になることは少ないと思います。

早期に会社を退職するは悪いことではありません。
ただ、キャリアにマイナス点が付くことは否めないでしょう。

 

転職活動で早期退職した理由が、他人に納得してもらえるものかどうか、「紙に書き出す」などしてしっかり分析してから行動に移すことをオススメします。

例えば
人間関係が原因なら、「教育」と称して、パワハラをする上司がいる

激務が原因なら、残業が月何時間以上で、長く務められる環境でない

ギャップが原因なら、勤続何年の先輩もプロジェクトに携われておらず、今後自身も携われる可能性が極めて低い

など、具体的な数値を上げて、第3者が聞いて「仕方ない」と思える内容かどうかをチェックしてみてください。
そうすると、自分が「人間関係・待遇・やりがい」のどの項目に重きを置いているかも見えてくると思います。
もし転職しようと決断したときに、この作業で見えてきたことは、次に会社選びで重視すべき点に繋がりますので、悩んだときはぜひやってみてください。
現在の会社を続けていいのか迷っている人は、ぜひこのタイミングで動き出しましょう!

【こちらの記事もおすすめ】
▶︎『今あなたの状況で転職できる求人を見つける3つの手順』のページへ進む

-転職の悩み

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.