ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

転職の悩み

30代が仕事を辞めたい気持ちとポジティブに向き合う方法

更新日:

30代。
仕事も中堅になり、家族を持っている人もいて働き盛りの世代です。
一方で、仕事や家庭、自分の将来について、思い悩むことが増える時期でもあります。

色々な悩みが絡み合って、苦しい時期でしょう。
でも、これから何十年と続く人生の中で、今が重要なターニングポイントでもあるのです。
だから、悩むことは大いに結構。自分にとって一番良い方法をしっかりと模索しましょう。

 

今回は、悩める30代が「仕事を辞めたい」気持ちとポジティブに向き合うためにできる事をまとめてみました。

人生の中で、30代は難しいお年頃

30代になって一番感じていることは、20代の頃に比べて体力が落ちてきているということです。
疲れが取れにくくなったり、ちょっとしたことでしんどさを感じるようになりました。

体力的な変化もありますが、20代では思ってもみなかったような「悩み」が30代になると増えます。
仕事の事、部下の事、家族の事、親の事、将来の事…。

そうした悩みが複雑に絡み合って、「将来への不安が大きくなっている」んじゃないでしょうか?

特に仕事に関して。
一通りの仕事を一人で完遂できる力をつけているでしょう。
同時に、仕事内容や業界情勢についても、見通しがつく程の知識が身についてきます。

だからこそ、今の仕事を「今後も続けていって良いのか?」と不安を覚え始めるのです。

30代は「自分の人生で進む道は、これでいいのか?」と立ち止まり、考える時期でもあるんです。
もし考え抜いた末に、別の道を歩みたいと思うのならば、きっとそれがあなたにとっての「正解」なんでしょう。

 

「どうしたいか?」の次は「何ができるか?」、「何をしたいか?」を考えよう

30代と20代との大きな違いは、「自分の得意分野と苦手な分野が見えてきている」ということです。
20代でがむしゃらに色々なことにチャレンジしてきたことを通して、少しは自分の事が見えてきたのではないでしょうか?

もし自覚がないのならば、「どんなことが得意か?」、「仕事のどんな面は好きか?」などを思い返してみてください。
その中には、次につながる希望がきっと隠れていますから。

苦しい思いをしながらも身についたスキルや経験を活かして、別の場所で活躍してみるのも1つの選択肢です。

30代の転職での懸念ポイントは?

30代で「今の仕事を辞めたい」と思っているのならば、今すぐ転職活動を始めたいものです。
しかし、実際にそれは難しいのが現実ではないでしょうか?

30代になると、すでに結婚していたり、子供がいる方もいらっしゃいます。
家族を養うために、収入を維持しなければならない重責があるからです。

転職を配偶者に相談して猛反対されるという、いわゆる「嫁ブロック」が発動することもあるでしょう。
それだけ、転職先に求める条件もシビアになっているという事です。

会社を辞めることへのハードルが高くなっている30代が、転職時に気を付ける条件はいくつかあります。

それらをクリアできる職場や働き方を探すことが、30代の仕事への悩みを解決する方法になります。

例えば、

・年収は上がるのか?
・勤務地は?
・勤務時間は?
・転職先の企業規模は?
・社風は?
・仕事内容や顧客層は?
・会社の雰囲気や人間関係はいいか?
・転勤はあるのか?
・どんなポジションでの転職か?

など。

30代の転職は簡単ではないからこそ、「どの項目を必須条件にするのか?」など、じっくり考えて行動する必要があります。

30代で転職する人の強みは?成功させるためにはどうしたらいい?

理想論を言えば、転職を考えているならば、「未婚で、20代のうち」に転職しておく方がベターです。
年齢面でも29歳と30歳では、たった1歳差でも選択肢の幅が違ってきます。
体力も気力も十分にあり、守るものがない状況なのでフットワークが軽くチャレンジすることもできるでしょう。

一方、30代になると家庭を持っていたりですぐには身動きが取りづらいかもしれません。
だからといって、諦める必要は何一つありません。

30代までキャリアを積んでおくと、業界知識や専門的なノウハウなどがかなり蓄積されています。
また、業務に必要な資格持ちになっていることもあります。
人によっては、役職付になって部下もいるでしょう。マネージメント経験も転職には有利な経験です。
これらは、キャリアの浅い20代にはない強みになるんです。

では、これらの強みを最大限に活かして、転職活動を有利に進めるにはどうしたらよいのでしょう?

現在の転職活動では、「転職サイト」を活用する人が多いと思います。
自分の職務経歴などをアップしておくことで、企業側からスカウトを受けることもあるでしょう。
ネットで求人検索をすることも大切ですが、どんなに複数のサイトに登録していても、実は今募集がかかっている求人全てを網羅できていないことをご存知でしょうか?

求人情報には、転職サイトのように「公募」している求人と、そうでない「非公開求人」があります。
非公開求人には、公募すると選考が困難になる程、人が集まりすぎるような人気企業や人気職種、条件の募集が多くあるんです。

同じ転職するのならば、より自分のやりたい仕事や条件の良い仕事に就いた方が幸せになれると思いませんか?

非公開求人は主に、転職希望者と人材を探している企業を結び付ける「転職エージェント」と呼ばれる会社に集約されています。
転職エージェントに登録すると、「非公開求人」の情報提供が受けられるだけでなく、面接対策や応募書類の添削などのより良い転職を叶えるための様々なサポートを無料で受けることができるんです。

数あるエージェントの中でも特にオススメしているのが、求人数、紹介実績ナンバー1の「リクルートエージェント」。

「今の仕事の嫌なポイント」を解消できる働き方とはどんなものか?を一緒に考えてくれます。

30代のあなたが今の仕事を辞めたい悩みから抜け出して、これからの人生を充実させるための道が見つかるかもしれませんよ。

-転職の悩み
-, , , , , ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.