ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

一般企業・公務員 転職の悩み

未経験職種への志望動機をより明確にする4つのポイント

更新日:

tensyoku

「未経験職に応募したいのだが、どんな志望動機だと説得力があるんだろう…」
「自分の思っていることをツラツラ書いてみたけど、コレで大丈夫?」

これまでにやったことのない仕事にチャレンジしたいが、志望動機でつまずく人ってたくさんいるんです。

新しい職を選んだのには、あなたなりの理由があるでしょう。

その思いがあふれんばかり、志望動機欄に書き連ねても、上手くいきません。

思いだけではダメなのです、しっかりポイントを押さえて納得する志望動機を作りましょう。

 

その1:未経験職種への興味心から志望動機は生まれる

「この仕事が自分に合うと感じ、入社した会社だが実際働いてみると違った。
同じ事の繰り返し、毎日に少し飽きてきて目標を失いかける。」

これは自分に合ったチャレンジがない職場だという証拠です。

また、もしかしたら自分の持つ力を持て余しているのかもしれません。

この状態をどうしたら打開していけるのか?

それは同じ仕事では解決しないという場合もあり難しい問題です。

だからこそ、チャレンジ精神をくすぐるような仕事を探す事もありだと考えます。

そして未経験職種への興味心から志望動機は生まれてきます。

 

その2:未経験職種への気持ちと志望動機はいつもセットです!

チャレンジ精神があれば、どのような仕事でも自分のものとしてしまいます。
むしろその精神があるときこそ、転職の転機では?

新人時代を思い出し、その時どのような気持ちだったのかをもう一度思い出してみてください。

何をしても楽しくてレベルアップしていく自分がはっきりと認識できる。

このような時期があったと思います。

もちろん未経験職種に興味が出てきたのであれば、
志望動機も自然と決まってきますし、
すらすら言葉に言い表す事ができるはずです。

 

その3:未経験職種の選定、その志望動機とは?

まずはこれがしてみたい!

と感じる仕事選びから始めます。

当然ですが、元々考えていた仕事があるのであればそれを選ぶのが最善。

あとは転職の準備に取り掛かります。

再度志望動機をチェック!

自分の言葉でしっかり表現できるよう練習しておくのも大切な事。

職種に飛び込むのですから熱意は重要です。

やりたいという熱意、
また今後どうしていきたいのかという方向性は明確にしておきます。

 

その4:未経験職種とその志望動機を外部からチェック

めざすは未経験職種ですから、

何かと分からない事もたくさんあると思います。

志望する会社の情報整理、どのような段取りで転職を進めていくのか計画を立てていきます。

転職サイトには様々な情報が満載。

そして自分の進みたい道がそこにはたくさん情報として記載されています。

もちろん転職サイトの専門スタッフに志望動機などのチェックを依頼するもよし。

細かい事でも相談するようにしましょう。

 

○まとめ【未経験職種を探し、志望動機を完璧にするために】

未経験職種への転職を決意し、
実際進めていきたいのであれば、
情報を得られる場所を把握しておかないといけません。

 

累計41万人が転職成功!リクルートエージェント

「他業種に転職してみたいが、何があっているのか分からない」
「今よりも給料の高い職場があるのか知りたい」

という方にオススメなのがリクルートエージェント。

年間3万人以上が転職に成功しているんです。

土日、平日夜でも面談可能(電話面談も)
・あなたの適性から業界、職種を紹介してもらえる
面接練習、対策セミナーもあり

他にも、気になる企業の内部事情も教えてくれるので、転職のミスマッチが起こりにくいんです。

これらのサービスを全て無料で使えるのも嬉しいですね。

リクルートエージェント公式サイトで詳細を見る>

-一般企業・公務員, 転職の悩み
-, ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.