ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

転職の悩み

新任教師の仕事が辛すぎる!1年目で辞めたいのはなぜ?

更新日:

【新任教師の悩み】

ずっと憧れていた「学校の先生」になれました。
学生時代から「こうしたい、あれもやりたい」と自分なりに情熱をもってこの職業に就きました。
でも、現実とのギャップが大きすぎて、心が折れそうです...。

自分では努力しているつもりですが、正直なところ教室運営が上手くいかないんです。
私語や暴言、立ち歩きなど、落ち着いて授業ができていません。
これじゃいけないと思って、指導方法の研究をもっとしたいのですが、忙しすぎて圧倒的に時間が足りないんです。
毎日、睡眠不足です。

問題行動を抑えることができていないため、保護者からのクレームも度々入ります。
おそらく生徒からも、保護者からも信頼されていないんでしょうね。

一般企業に就職した同級生は、イキイキと仕事をしているのに…。
何のために教師になったか?最近分からなくなってきました。

この仕事は嫌いじゃないけど、辞めたいと感じることの方が多くなりました。
新任教師は、なんでここまで苦しいのでしょうか?

 

新任教師と一般企業の新人との大きな違いは?

新任教師・一般企業と、どちらも入りたての「新人」という点では同じなのに、スタート時点から大きな違いがあります。
それが原因で、新任の教師は辞めたいと考えるようになります。

1.いきなり独り立ち

一般企業では、新人が独り立ちするまでに様々な研修が行われたり、実務の際も先輩が傍で見ていてくれたり、同行するところから始まります。

一方、新任教師の場合は、そういった手厚い研修期間が無いんです。
指導教官役の先輩はつきますが、授業を後ろで見ていてくれるわけではありません。

いきなり一人で教室を運営していかなければならないのです。

 

2.一人でゆっくり息をつける時間がない

一般企業では新人であってもお昼くらいは一人の時間を持てます。

一方、教師は退勤するまで一人の時間を持つことができません

お昼は生徒と一緒に給食を食べることになりますが、それも15分くらいで切り上げないと仕事が回りません
特に、小学校の教師は、ほぼすべての授業を1人で教えるので、空き時間もありません。

一応、放課後が休憩時間にあたりますが、生徒が残っていたり、保護者からの問い合わせがあれば対応しなければなりません。

まだ仕事に慣れず手探り状態の新任教師は、日々の業務に忙殺されています。

 

3.保護者との付き合い

授業もそうですが、保護者(特にモンペ)との付き合いもいきなり任されます

例えば、着任して1ヶ月もたたないうちに家庭訪問に回らなければなりません。

教師になって1か月足らずで、育児経験もない人間が、「教育のプロ」として保護者と渡り合わないといけないのです。
新任というだけで、色眼鏡で見てくる保護者も少なからずいます。

もし保護者が満足できる対応ができないと、クレームが入ります。
「モンスターペアレント」なんてドラマで大げさに表現しているだけと思うかもしれませんが、本当に存在するのです。

 

4.授業の準備+「校務分掌」

授業の準備は、生徒が帰ったあとになります。
そこから教材や指導方法の研究、授業の準備や担任の仕事をこなさなければなりません。

さらに、教員特有の業務「校務分掌」が加わります。
授業は教育実習などで多少経験があるでしょうが、分掌は全く初めての経験になります。

新任教師にとっては、学校運営を学ぶ貴重な機会でもあります。
しかし、ただでさえも余裕のない新任教師にとっては、自分を追い詰めることになってしまうこともあります。

 

5.1年目はあくまで「条件付き採用」の立場

これだけハードな内容を一人で任されているのにもかかわらず、新人=1年目はいわゆる「試用期間」なのです。

教師という仕事上、公私ともに問題を起こすことはご法度です。
また、どんなにがんばっても指導力を問題視されると、採用を取り消されることもあります。

 

新任教師はとにかく忙しくて、気苦労の連続です。
先輩も、他の新任教師たちも一体、どうやって乗り切っているのでしょうか?

ちなみに、リクルートエージェントに無料登録すると、各企業の内部事情を知れちゃいます。

転職先を決める前に、一度覗いてみてください!
>>428人が内部情報を暴露!あなたの会社は大丈夫?

新任教師が困ったときは

「忙しすぎて手が回らない、何からやったらいいのかわからない」など、困ったら他の教師に相談してみることです。
一人で抱え込んでいても、解決の糸口はつかめません。

指導役の教師はいませんか?
その人に言いにくいのであれば、年が近かったり、話しやすい教師でもいいのです。

アナタが忙しすぎると感じているのと同様に、他の教師も自分から周りに気を配れるほどの余裕はありません

教室運営や業務のやりくりが上手くいっていないのならば、自分からSOSを出すようにしましょう。
悩んでいることを言い出せずに、うつ病になってしまう新任教師って意外に多いのです。

例えば、学年主任や教頭、校長に、「自分は向いていないのではないか」ということを話しましょう。
教室の後ろから授業を見てもらって、アドバイスをもらうのも良いでしょう。

自分から改善していかないと、働くことどころが、日常生活さえも難しくなってしまいますよ。

 

SOSを出せない、どうしても無理だと感じたら

「SOSを出せない雰囲気、どうしようもなく辛い」

任せられたことはやり遂げる責任感の強さを持っているアナタ、先輩や同僚に相談したものの、教師という立場を辞めるのに抵抗があるかもしれませんね

「頑張りが足りないから、うまくいかないんだ」

「他の教師も通った道なのだから、私だって...」

そんな考えが頭をよぎるかもしれません。

ですが、教師の仕事を続けていくことが辛いなら、退職してもいいのではないでしょうか。

子どもたちに教える前に、まずは自分の生活・身体を大切にしてください

やりがいのある仕事はたくさんあるんですから。

 

実は、教師から別の職業に転職する人も多いんですよ。

ただ、大学を卒業して、いわゆる「就活」をせずに教師になった場合、転職活動へ不安があるでしょう。

さらに、日々の業務に追われながら転職活動をするなんて、考えられません。

教師から他の職業に転職する場合、

「どうやって進めたらいいか?」
「自分に合う企業はどこなのか?」

など、基本から応用までを無料で教えてくれる「転職エージェント」があるんです。

そこでオススメなのが、

求人数業界NO.1:リクルートエージェント

「いま辞めたら会社や同僚に迷惑をかけるかも・・・」
「辞めないでねって前に言われたしなあ~」

と思っていませんか?
ハッキリ言いますが、考えるだけムダです。

会社があなたに辞めて欲しくないなら、あなたが働きやすい環境を整えてくれるはず。

給料を上げたり、有給を取りやすくしたり・・・

あなたが辞めても会社には迷惑はかかりませんから。

だから、余計な心配をせずに転職先を探して大丈夫ですよ。

>登録30秒!リクルートエージェントで求人を探す


ひとりで全部やろうと思わないでください。

何かを学ぶときは基本を教えてもらう、やり方を聞く事からスタートです。

それは、数学や英語だけでなく、転職活動だって同じなんですよ。

-転職の悩み
-, ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.