ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

看護師 看護師の転職事情

今日でクビと言われた看護師!即日解雇になるのはどんな時?

更新日:

%e4%bd%95%e6%95%85%e3%81%aa%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%82%b9

「いきなりクビと言われました」

 

経験のない科やスキルをきちんと伝えた上で採用されたはずなのに、「うちには合ってないから、今日で辞めてね」と言われた看護師のAさん。採用されて4か月。特にミスがあった訳でもなく、人間関係が悪い人がいた訳でもないのに何故?

 

解雇される理由がわかりません。そもそも、「今日でクビ」ってアリなのでしょうか?

 

一口にクビと言っても

クビといっても2パターンあります。どちらになるかによって、今後の再就職などに大きく影響してきます。

また、退職と解雇は違いますので頭に入れておいてください。(退職についてはこの後に説明しています)

1.通常(普通)解雇

事業縮小などの際に、人員を削減(リストラ)するために行われる解雇です。会社都合の解雇となり、退職金なども就業規則通りに支給されます。

 

雇用保険の受給も待機期間なしで受給できます。

 

2.懲戒解雇

看護師の側に問題があって、病院側から辞めさせられる解雇です。解雇予告なく、即日解雇できます。職金などの支給もありません。

 

また、離職票の退職理由に「懲戒解雇」と記載されることもあり、次の就業にマイナスになることもあります。

 

ただし、通常解雇・懲戒解雇のどちらも、事前に看護師と病院間で話し合いの場が持たれることが多いです。もし、看護師自身に問題がある場合は、指導や話し合いなどを段階的に設け、解雇についても「解雇予告」という事前通告をする必要があります。

 

しかし、中にはパワハラやいじめなどで看護師を追い込み、解雇予告なく、一方的に退職に持ち込む悪質なケースもあります。

 

即日クビでも大丈夫!長く働けるホワイト求人を探すなら⇒

 

「もう明日から来なくていい」はアリ?「即日解雇」が通用するのはどんな場合?

%e5%85%ad%e6%b3%95%e5%85%a8%e6%9b%b8

では、Aさんの場合は即日解雇が可能な懲戒解雇にあたるのでしょうか?ちなみに、「即日解雇」が法律的に認められるには、労働基準監督署の「解雇予告除外認定」が必要。

 

しかし、解雇権の乱用を防ぐために解雇予告除外の認定がなされるのは、以下4つの場合です。

1.刑事事件を起こした場合

例えば、窃盗や暴行、横領や強制わいせつ。飲酒運転や無免許運転などの重大な交通違反も該当します。

 

2.医療機関に損害を与えた場合

例えば、2週間以上の無断欠勤や内部情報の漏えいなどが該当します。

私の知り合いでも、2週間以上の無断欠勤によって解雇された人がいました…

 

3.経歴詐称が発覚した場合

取得資格や経歴にウソが発覚した場合や過去の犯罪歴が発覚した場合に該当します。

 

4.風紀を乱す行為をした場合

パワハラ・セクハラなどが該当しますが、即日解雇にするには脅迫や強制わいせつが成立するような被害でないと難しいのが現実です。

 

以上、4つに該当した場合が懲戒処分の対象になります。ただ、軽微な違反の場合、減給や自宅謹慎処分に処されます。

 

再三の注意や警告をしても改善されないのであれば、懲戒解雇が適応されることもありますが、、、

 

ということは、即日解雇が可能な懲戒解雇にするには、社会的にみて重大な違反を犯し、労働基準監督署が認めないとダメなのです。Aさんのケースは、不当解雇にあたります。

 

不当解雇とは、就業規則や法律を無視して、病院側が勝手にクビにすることを言います。

 

ちなみに、看護のお仕事に無料登録すると、各病院の内部事情を知れちゃいます。

職場を決める前に、一度覗いてみてください!
>>現役看護師が内部情報を暴露!あなたの行きたい病院は大丈夫?

 

クビといわれた…退職する前に注意したいこと

クビ(解雇)で辞める前に、「会社の都合で辞めるのか?自分の都合で辞めるのか?」を確認しましょう。今後、再就職するとき、大きく関わってくるので必ず覚えておいてくださいね。

 

1.自己都合退職(転職・引っ越し・出産など)

自己都合は「自分の意思」で退職することです。「転職するから病院を辞めます」「出産のために会社を辞めます」など、一般的な退職方法です。

 

自己都合退職だと、失業保険は約3カ月後からもらえます。次に説明する会社都合よりも、長く待たないともらえません。

 

再就職するにしても、理由がしっかりとしていれば、不利になることもありません。ただ、自分で辞めたのに「会社都合です」と嘘をついたら、内定取り消しになるので絶対にダメですよ。

 

2.会社都合退職(リストラ・倒産・経営不振など)

会社側に問題があって、辞める場合は「会社都合退職」になります。リストラ、倒産などが当てはまります。

 

失業保険は、待機期間(7日間)と言われる受給まで待つ期間を経て、翌日からすぐにもらえます。ここが自己都合と違っています。

 

自分ではどうしようもない原因なので、再就職には基本的に影響はないでしょう。

 

今回のAさんのように、急にクビと言われ、辞めることになったとしたら「会社都合退職で辞めれたか?」をしっかりと確認してください。辞めた次の日からの生活がかかっていますので、曖昧に終わらせてはいけません。

 

クビになる看護師ってどんな人?

クビといわれるのには理由があるはずです。看護師側に問題がある可能性もあるし、病院側の一方的な都合かもしれません。

ここでは、クビになる看護師さんの特徴をご紹介します。

 

①遅刻、無断欠勤が多い

無断欠勤、遅刻は社会人として、あってはならないことです。1、2回なら厳重注意などで終わるかもしれませんが、何度も続くようだとさすがに病院側としても、それ相応の処分をしなければなりません。

 

もし、自分は遅刻が多いかも?と心当たりがあるなら、気を付けてください。

 

②失敗を隠し重大なミスにつながる

仕事でミスをするのは仕方ありません。人間ですからアクシデントは付き物。

 

ですが、ミスを隠してはいけません。特に医療現場では、自分では小さなミスだと思って報告しなかったが、後々それが患者さんの容態に大きく関わっていくことが大いにあります。

 

もし、隠したミスが原因で最悪の事態になったら…責任を取って辞めますだけでは済まされません。

 

③就業規則に違反することをしていた

立派なクビ理由です。ルールを破ってはいけません。

 

看護師がクビにならないためには

%e3%82%ab%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%82%bb%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0

看護師が不当に解雇されないためには、その医療機関で働くにあたってミスマッチがないか」を見極めることが大切です。

 

Aさんのように、看護師側に非がなくても、治療方針やスキル・人間関係など、「なんとなく合っていない」ことが発端となり、解雇につながることがあります。

 

先に分かっていれば、入職しないという選択もできたでしょう。

そのためには、入職前に

・患者さんの層
・院内の人間関係
・看護師の業務内容
・医師の治療方針
・医療機関の看護方針

などの情報を収集して、ミスマッチがないかを確認しておくといいです。

 

また、説明会や面接時にも、

「就労条件は怪しくないか」
「就業規則で働く側が不利になるような記載がないか」

をしっかりチェックすることも大切です。

 

また、病院見学ができるのならば、必ず配属される現場を自分の目で見ておくこと。その際に少しでも「おかしい」と感じることがあるのならば、その現場は避けるが吉でしょう。

 

人員不足が深刻な医療機関では、採用担当がポジティブな情報しか出さないこともよくあります。入職後に「こんなはずでは」という事態に陥ったり、仕事のできない人のレッテルを貼られて悔しい思いをしないためにも、事前の情報収集に努めましょう。

 

クビ宣告された職場でまだ働きたいですか?

%e9%80%80%e8%81%b7%e5%b1%8a%e3%82%92%e6%8f%90%e5%87%ba

会社の都合でクビ宣告をされたなら、あなたが悪い訳ではないので、すぐに辞める必要はありません。まずは話し合いをしてみてください。

 

とはいえ、クビ宣告してきた上司と一緒に働き続けるのって気まずくないですか?

 

今のお給料にも満足だし、そんなの気にしない!」なら、働き続けた方が良いと思います。勢いで退職してしまう前に、一度、今の職場で働き続けたいか?を考えてみてください。

 

今の職場で長く働くことが大切なのではなく、自分に合った環境で楽しく働くことが大切ですよ!

 

転職するとなると、職場選びから入職まで準備が大変です。でも、だからこそ転職をする意味があるんです。

 

クビ宣告を良い機会と捉えて、お給料が高くてもっと働きやすい職場を探してみるのもひとつですよ。

 

求人情報だけだと、病院の内情が分からずに入職後ミスマッチが起きやすいです。そこで、転職サイトを利用してみてください。

 

面談は面倒と思うかもしれませんが、面談することで病院の裏事情を担当者から教えてもらえます。

 

転職サイト自体はたくさんありますが、わたしの周りの看護師が良く使うサイトをご紹介しますね。

長く働ける職場を探すなら:看護のお仕事

・求人広告には載っていない職場の雰囲気や、師長の性格を教えてくれる
・入職前に病院見学に連れて行ってくれる
・24時間LINEで連絡が取れる

職場とのミスマッチを防ぐには入職前に「内部情報」を調べることが大切。

求人広告の情報だけで判断してしまうと、入職後にギャップを感じてしまいます。
表向きの情報は良いことばかりですしね・・・(+_+)

リアルな情報を知るには、ネット上以外に転職サイトが使えるんです。
働いている看護師さんからアンケートを取っており、常に最新情報がゲットできますよ!

内部情報に詳しい看護のお仕事で求人を探す⇒

 

地域の医療機関情報に精通したパートナーさんが、スキルに合った医療機関の紹介から就労条件の交渉をしてくれます。年間10万人もの看護師転職をサポートしているので、不当解雇した病院の情報を持っていることもあります。

 

もし、解雇されそうになったのならば、早急に相談してください。医療の世界は狭いので、解雇となると転職に悪影響を及ぼすこともあります。悔しい思いをする前に、アナタをきちんと評価してくれる医療機関を探しましょう。

 

この記事を書いた人

こんにちは!現役看護師のサチエです。
私、15年働いている中で8回転職をしました。失敗ばかりでしたが、その経験を元に職場環境のが良い病院求人の探し方を見つけたので、こちらでお話しさせていただきます。

 

 

-看護師, 看護師の転職事情
-, , , , , , ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.