ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

看護師転職

今日でクビと言われた看護師!即日解雇になるのはどんな時?

更新日:

%e4%bd%95%e6%95%85%e3%81%aa%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%82%b9

「いきなりクビと言われました」

経験のない科やスキルをきちんと伝えた上で採用されたはずなのに、

「うちには合ってないから、今日で辞めてね」

と言われた看護師のAさん。

 

採用されて4か月。

特にミスがあった訳でもなく、人間関係が悪い人がいた訳でもないのに何故?

解雇される理由がわかりません。

そもそも、「今日でクビ」ってアリなのでしょうか?

 

一口にクビと言っても

%e4%b8%8d%e6%99%af%e6%b0%97

2パターンあります。

1.通常解雇

事業縮小などの際に、人員を削減するために行われる解雇です。

会社都合の解雇となり、退職金なども就業規則通りに支給されます。

雇用保険の受給も待機期間なしで受給できます。

 

2.懲戒解雇

看護師の側に問題があって、病院側から辞めさせられる解雇です。

解雇予告なく、即日解雇できます。

職金などの支給もありません。

また、離職票の退職理由に「懲戒解雇」と記載されることもあり、次の就業にマイナスになることもあります。

 

ただし、通常解雇・懲戒解雇のどちらも、事前に看護師と病院間で話し合いの場が持たれることが多いです。

もし、看護師自身に問題がある場合は、指導や話し合いなどを段階的に設け、解雇についても「解雇予告」という事前通告をする必要があります。

 

しかし、中にはパワハラやいじめなどで看護師を追い込み、解雇予告なく、一方的に退職に持ち込む悪質なケースもあります。

 

「もう明日から来なくていい」はアリ?「即日解雇」が通用するのはどんな場合?

%e5%85%ad%e6%b3%95%e5%85%a8%e6%9b%b8

では、Aさんの場合は即日解雇が可能な懲戒解雇にあたるのでしょうか?

ちなみに、「即日解雇」が法律的に認められるには、労働基準監督署の「解雇予告除外認定」が必要。

しかし、解雇権の乱用を防ぐために解雇予告除外の認定がなされるのは、以下4つの場合です。

 

刑事事件を起こした場合

例えば、窃盗や暴行、横領や強制わいせつ。

飲酒運転や無免許運転などの重大な交通違反も該当します。

 

医療機関に損害を与えた場合

例えば、2週間以上の無断欠勤や内部情報の漏えいなどが該当します。

 

経歴詐称が発覚した場合

取得資格や経歴に虚偽が発覚した場合や過去の犯罪歴が発覚した場合に該当します。

 

風紀を乱す行為をした場合

パワハラやセクハラなどが該当しますが、即日解雇にするには脅迫や強制わいせつが成立するような被害でないと難しいのが現実です。

 

以上、4つに該当した場合が懲戒処分の対象になります。

ただ、軽微な違反の場合、減給や自宅謹慎処分に処されます。

再三の注意や警告をしても改善されないのであれば、懲戒解雇が適応されることもありますが、、、

 

ということは、即日解雇が可能な懲戒解雇にするには、社会的にみて重大な違反を犯し、労働基準監督署が認めないとダメなのです。

Aさんのケースは、不当解雇にあたります。

 

ちなみに、無料で24時間いつでも相談・求人探しができるサービスがあるので、試してみてください。

>> 看護のお仕事で求人を探してみる

 

看護師がクビにならないためには

%e3%82%ab%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%82%bb%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0

看護師が不当に解雇されないためには、その医療機関で働くにあたってミスマッチがないか」を見極めることが大切です。

Aさんのように非がなくても、治療方針やスキル・人間関係など、「なんとなく合っていない」ことが発端となり、解雇につながることがあります。

 

先に分かっていれば、入職しないという選択もできたでしょう。

そのためには、入職前に

  • 患者さんの層
  • 院内の人間関係
  • 看護師の業務内容
  • 医師の治療方針
  • 医療機関の看護方針

などの情報を収集して、ミスマッチがないかを確認しておくといいです。

 

また、説明会や面接時にも、

「就労条件は怪しくないか」

「就業規則で働く側が不利になるような記載がないか」

をしっかりチェックすることも大切です。

 

また、病院見学ができるのならば、必ず配属される現場を自分の目で見ておくこと。

その際に少しでも「おかしい」と感じることがあるのならば、その現場は避けるが吉でしょう。

 

人員不足が深刻な医療機関では、採用担当がポジティブな情報しか出さないこともよくあります。

入職後に「こんなはずでは」という事態に陥ったり、仕事のできない人のレッテルを貼られて悔しい思いをしないためにも、事前の情報収集に努めましょう。

 

クビになりそうと感じたら

%e9%80%80%e8%81%b7%e5%b1%8a%e3%82%92%e6%8f%90%e5%87%ba

クビになる前には、予兆があることがあります。

例えば、上司や先輩との関係が良好と言えなかったり、自分のスキルが現場に上手く伝わっておらず「できない人」認定されていたり…。

 

「いつクビになるかな、、、」

 

ビクビクしながら勤務するよりも、納得できる勤務条件や業務内容の職場で働いた方が精神衛生的にはずっと良いと思いませんか。

 

そのため「クビになるかも」と思ったらならば、早々に医療機関の情報収集を開始し、次の勤務先を確保しましょう。

病院の内部事情に詳しい転職エージェントをうまく活用してください。

看護のお仕事

『看護師さん限定の求人サイト』です。

  • 年間利用者数:11万人以上
  • 登録利用料:無料
  • 運営会社:レバレジーズ株式会社
初めての転職、ひとりで進めるのが不安
ブラック病院は避けたい!
転職するなら昇給したい

と思っている方にこそ、オススメなサービスなんです。

  1. あなた専任の担当者とマンツーマンで進められる
  2. 12万件以上もある病院の内部情報をコッソリ教えてくれる
  3. 月収40万以上の高給求人も多数アリ

さらに、24時間いつでも相談&求人探しOKなんです。

時間調整が難しい看護師さんには嬉しいですよね!

 

そして、ボーナスをもらった直後こそ、転職のベストタイミング。

12月中に登録→来年4月入社という流れもできますよ。

 

地域の医療機関情報に精通したパートナーさんが、スキルに合った医療機関の紹介から就労条件の交渉をしてくれます。

年間10万人もの看護師転職をサポートしているので、不当解雇した病院の情報を持っていることもあります。

 

もし、解雇されそうになったのならば、早急に相談してください。

医療の世界は狭いので、解雇となると転職に悪影響を及ぼすこともあります。

悔しい思いをする前に、アナタをきちんと評価してくれる医療機関を探しましょう。

 

この記事を書いた人

こんにちは!現役看護師のサチエです。
私、15年働いている中で8回転職をしました。失敗ばかりでしたが、その経験を元に職場環境のが良い病院求人の探し方を見つけたので、こちらでお話しさせていただきます。

 

 

-看護師転職
-, , ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2018 All Rights Reserved.