ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

ブラック企業の話 一般企業・公務員

【ブラック企業の離職】 大卒の3割は3年以内に離職する?

更新日:

若者は3年以内に離職する?

就職活動は決して楽なものではありません。

しかしながら、中学、高校、大学の3年での離職率は、それぞれ62.1%、39.2%、31.0%となっており(平成22年3月卒業者)、多くの若者が会社を早々に去っていってしまいます。

せっかく苦労して就職できた企業を3年以内にやめてしまう、これは実にもったいない、我慢が足りないのではないかと感じる方も沢山いらっしゃることでしょう。

 

データ(厚生労働省職業安定業務統計)によれば、確かに多くの若者が離職しています。

年々若者の数は減っていますが、具体的な数字で表しますと、大卒者は80万人、そのうち7割ほどが就職します。(残りの3割は大学院などの進学や、無職です。)

img-data01

そしてそのうちの3割、約20万人は3年以内に離職します。

さらに高卒、中卒は離職率が高まり、中卒者の約4割は1年以内に就職した企業を辞めているという状況です。

 

我慢が足りない若者と片付けてしまうことは簡単ですが、原因は果たしてそれだけなのでしょうか?

20万人いる大学卒の若者が、3年持たないという事実、この3割の若者たちは我慢が足りないだけで済ましてしまえるのでしょうか。

 

この高い離職率の背景に、ブラック企業の存在があります。

企業は長い不景気の中、どの業界も人件費を増やすことは出来ません。また新卒学生を長い目で教育し、育て上げることも難しい状況なのです。故に企業はスキルがある人を放出しようとせず、この業界は人材の流動性が落ちることになります。

人材が移動しないという事は、新規採用も落ち込み、新人への教育や支援、投資も下がることになります。

スキルの必要な業界への就職が厳しいとなれば、スキルが必要のない業界、つまりサービス業を中心とした業界への就職率が増加することになるのです。

サービス業界等は(もちろん会社にもよりますが)単純作業が多く、会社としても 「アルバイトでも正規でも何でもいい」、「誰でも代わりはできる」 といった状況になりやすく、雇い主側としても、解雇・厳しい就労条件も躊躇せず行う事が出来てしまいます。

こういった流れが、今のブラック企業を生み出し、更には若者の離職率UP、使い捨てなどを増やしているのです。

 

一方的に若者の離職を非難するのは簡単ですが、どのような状況で離職率が増加しているのか知っておくべきかと思います。

【みんなやる】自分の希望条件に合う会社がわかる!?

みんながやっている方法です。
【今より良い条件会社】といってもどうやって入ればいいかわからないですよね。
みなさん言われますが、
【自分の経歴・スキル&年齢】で転職ができる求人って意外と探すの難しいですよ。
それに、自分の希望する職種で今以上の会社があるのかわかりませんよね?
そんな時にオススメなのが、、

【MIIDAS(ミイダス)】
miidas

MIIDAS(ミイダス)は大手求人サイト『DODA』が運営する転職診断サービスです。(無料)
サービスの特徴として、

1分の診断で【あなたの市場価値を診断して】見せてくれます。
DODAは全国的にも大手の転職サイトなので、豊富な転職情報があり、あなたの選択によってひとそれぞれの強みを診断してくれます。
スマホでどこでもできるので、占い感覚で試してみてください。
実際に利用した方の口コミとして、、

・自分の強みがわかって、自信が出てきた!
・自己分析の役に立った!
・年齢的に無理かと持ったけど、意外に入れそうな企業があった!
・自分の市場価値がわかり、身が引き締まった!
・未経験でもいける会社があるのがわかった!
・気軽にやったけど、転職の際にとてもお世話になった!

このように、皆さん気軽に情報収集をしています。
転職でうまくいった人のほとんどが利用しています。
まだ使ったことがない方は1度試してみましょう。

>>1分簡単!あなたの市場価値を無料で占ってみる

【こちらの記事もおすすめ】
▶︎▶︎『今あなたの状況で転職できる求人が見つかる!3つの手順とは?』のページへ進む

-ブラック企業の話, 一般企業・公務員
-,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.