ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

期間工

期間工の内定するための履歴書と志望動機の書き方!

更新日:

仕事に応募する時によく悩むのが「志望動機」です。
比較的採用されやすいと言われる自動車期間工の場合も、志望動機に悩んでいる方が多くいます。
就職活動で何社も履歴書を書いたりするのは大変ですので、すんなり決めたいところですよね。

今回は、自動車期間工の仕事に応募する際、「採用担当者に好印象を持ってもらいやすい志望動機」の組み立て方についてまとめてみました。

面接の際の伝え方例も載せましたので、よかったら参考にしてみてください。

 

自動車期間工の選考で採用されやすい人とされにくい人の特徴は?

自動車期間工は他の仕事に比べて内定率は高いと言われていますが、100%ではありません。
「採用されやすい人」と「されにくい人」が二極化しています。
まずは採用されやすい人の特徴を掴むことで、採用されやすい人物像を描けるようにしましょう。

自動車期間工の選考で採用されやすい人の特徴

自動車期間工の仕事で採用されやすい人の傾向として、
・体力がありそうな体つきの人
・期間満了まで仕事を続けてくれそうな人
・目標がある人
などです。

自動車期間工として採用されにくい人の特徴

逆に期間工経験者であっても、採用を避ける人にも傾向があります。

・持病がある人
・タトゥーや入れ墨が入っている人
・過去に期間工の仕事を途中退社したことがある人
・借金がある人
などです。

病気もですが、両手が自由に使えない人や腰痛持ちの人は採用を見送られる傾向にあります。

お金が必要だから期間工をしている人も沢山いますが、その理由が「借金」の場合は採用される確率がぐっと下がります。

刺青などについても、入社後に問題を起こしやすいために忌避されています。
入社直後の健康診断や寮の風呂場でバレるので、隠していてもダメですよ。

 

期間工の選考を突破できる志望動機の書き方のポイントは?

期間工として採用してもらうためには、採用試験を突破しなければなりません。
面接の中で必ず質問されるのは、「志望動機」です。
難しく考えすぎることはありません。どうして期間工という仕事を選ぼうと思ったのかを前向きに伝えるように心がければよいのです。

そのためには、「何を伝えたいのか?」をまず決めておきましょう。
期間工の採用面接で、採用担当者が候補者に望んでいることは
・辞めない
・体力がある
の2点です。
特に「辞めない」という項目は、どのメーカーの採用担当者も願っていることです。
この2点をアピールしながら、自分が期間工になろうとしている理由を作成していきましょう。

その際に「期間工の仕事が分かっていない」や「やっていけるのだろうか?」といった不安を採用担当者に与えない内容にすることも大切です。
「この人ならば大丈夫」と思ってもらえるような志望動機を作成するポイントをいくつかご紹介しましょう。

面接対策本の文例丸写しはやめよう

採用面接を受ける前にハウトゥー本を参考にする方って多いと思います。
事前に準備することは非常に良いことですが、1つ気を付けなければならないことがあります。

それは「対策本の文例や受け答えをそのまま使うのは危険」ということです。

採用担当者は面接会1日だけでも大変多くの人と接します。
対策本の内容をそのまま流用している方ってたまにいるのですが、人事担当者からすると「どこかで聞いた答え」という印象になります。
内容丸写しの回答だと、自分の考えを述べている訳ではなくなります。
そうなると人事担当者としては、「あなた自身が、自分で考えて、期間工というお仕事を始める覚悟がないのではないかな?」と感じてしまうのです。

完璧に表現できなくてもいいんです。
不器用でも、自分の言葉で期間工の仕事がしたい理由を伝えましょう。

志望している会社のことを調べてみよう

採用試験を受ける会社がどんなことをしている会社なのか?
主力製品は?ターゲット層は?社員は何人いるの?工場の場所は?など、その会社について大まかでいいので知っておく必要があります。
自動車期間工の場合、どんな車を作っているのか?などを知っておくといいですよ。

会社の情報を知る過程で、「自分だったらどんなことが得意で役立てる」といったことも考えてみましょう。
それがアピールポイントになりえるのですから。

「企業側が欲しい人材」ってどんな人か?を考える

志望する会社について調べたら、次は「会社が求める人物像」について考えてみましょう。
いくらあなたが立派な志望理由を伝えたところで、会社側の希望とマッチしていないと採用されません。

期間工の仕事の場合、採用担当者は「期間満了まで辞めずに勤務してくれる人」を求めています。
採用担当者に好印象を持ってもらうためには「辞めない」というキーワードを入れて志望動機を作成した方が良いでしょう。

自分の事情も入れ込んでみよう

相手のニーズに合わせることも大切です。
しかし採用担当者に「うちの会社に合っている」と思わせるには、あなた自身の希望と会社の希望がマッチしていることです。

例えば、「稼ぎたいから」。
期間工は短期間でまとまったお金を稼ぐ事のできる仕事です。
さらに短い期間でいろいろな工場やメーカーを渡り歩いていることに違和感を感じない世界です。
ですので「稼ぎたい」というのは、期間工の面接では熱意のこもった志望動機になりえるのです。

稼ぎたいを志望動機にする際は、「○○万円稼ぎたいので、辞めることはありません」といった具体的な数字などを通して仕事への姿勢をアピールすることができます。

他にも「このメーカーが好きだから」や「車全般が好きだから」といったあなたの好みもアピールポイントになりますよ。

アピールポイントを簡潔にまとめてみよう

思っていることを思いつくままに話しても、なかなか他人には伝わりにくい部分も出てきます。
せっかく内容の濃い志望動機を考えたとしても、伝え方が良くないと相手に自分の考えを理解してもらうことは難しいでしょう。
それどころがあらぬ誤解が生じる原因にもなります。
内定を勝ち取りたいのであれば、分かりやすく伝える力が求められるのです。

そこで、あなたが伝えたいことをより多く盛り込めるように、ここまで自分がその会社の期間工を目指す理由などを一度整理してみる必要があります。

自分の希望やアピールポイントが見えてきたら、箇条書きで紙に書き出してみましょう。
おそらくキーとなる言葉が2〜3個程度上がると思います。
そこに自分の思いを肉付けしていくイメージで、話を膨らませていきましょう。
例えば、
・車が好き → このメーカーの○○という車種が好き
・メーカーが好き → ○○という技術が素晴らしいから好きだ
・稼ぎたい → ○○までに○○円貯めるという目標があるから、頑張りたい
・丈夫だ → ○○をやっていたので体力に自信があり、続けていける
といったように、そのキーワードを選んだ理由を一緒に盛り込んでいくと良いですよ。

先ほどもお伝えしましたが、面接対策本の受け売りではなく、「自分の言葉で表現」することが大切なのです。

面接って何だかんだで緊張する上に、丁寧な言葉遣いでのやり取りが求められますよね。
丁寧な言葉遣いは時として、言いたいことをぼやかしてしまうことがあります。
尊敬語、丁寧語などが完璧でなくていいんです。
自分の思いが採用担当者に伝わる様に、シンプルに期間工を選んだ理由をまとめてみましょう。

就職で志望動機を考えるときに1番考えることは、「会社が自分に何を期待し、どんな働き方をして欲しいかを知ること」です。
そのために会社のことを知り、採用したいと思う人物像を考え、自分の特技や希望がマッチする部分を探してみてください。

→お祝い金がある期間工求人の詳細はこちら

期間工採用の面接!志望動機の回答例は?

ここまでは履歴書などに記入する志望動機の組み立て方についてお伝えしました。
しかし、採用選考では書類に基づいた面接が行われます。
自分の口から期間工を目指す理由を採用担当者に伝えなくてはなりません。

ここではアピールポイント別に志望動機の解答例を載せておきます。
あくまで「例」ですので、これを参考にして自分なりにアレンジしてくださいね。

「体力」がアピールポイントの場合

自動車工場の製造作業の仕事は「体力勝負」の仕事だと聞いています。
私は子供の頃から野球などのスポーツを通じて、体力をつけてきました。
ですので、体力には自信があります。
身体を使った仕事が好きなので、自動車工場の仕事は自分に合っていると思います。

※期間工の面接で一番重視されるのは「体力」です。
なぜならば、体力的についていけずに辞めてしまう期間工が多いからです。
体力に自信がある人は、思いっきりアピールしましょう。

「お金が必要」、「貯金したい」がアピールポイントの場合

私は○○が大好きで、いつか購入したいと考えています。
それには○○万円必要なので、期間工の仕事をして購入資金を貯めたいと思っています。

※働く人の多くは「お金」が必要だからではないでしょうか。
お金が必要だからという理由で期間工の仕事を志す方も多くいます。
期間工業界ではよくある理由なので、採用担当者にストレートに伝えても意外と大丈夫なのです。
ただし、漠然と「お金が必要」というよりも、「○○万円貯金したい」や「○○の購入資金にしたい」、「○○のためにお金が必要」といった具体的な理由や金額を伝えた方が良いです。
その方が、採用担当者からは「すぐに辞めることはなさそう」といった印象を持ってもらいやすくなります

「自動車メーカーや車が好き」がアピールポイントの場合

私は○○(自動車メーカー)のファンです。
特に□□という車種が大好きです。
大好きな○○の車を作る仕事に携わることができるので、期間工の仕事を志望しました。

※好きこそものの上手なれ。
好きな物に携われるという理由で志望している場合、採用担当者に長く続けられそうな印象を与えやすいです。

その他の志望動機は?

この他にも面接でよく挙げられる志望動機も紹介しておきましょう。

・給料が良い
期間工の仕事を探すときに、皆さんは給料を1つの基準にされているのではないでしょうか。
実は「他社よりも給料が良いから」という理由は、他社でなく、御社で働きたいというアピールポイントの1つになりえます。

・寮生活がしたいから
期間工の仕事は、自宅から遠い場合は寮生活になります。
でも会社としては、自宅よりも寮に入って欲しいのが本音なのです。
なぜならば、期間工の体調や生活状況の管理がしやすくなるからです。
会社によっては、「寮に入ります」と言うと内定率がぐっと上がる所もあります。

 

志望動機以外にもアピールできる場所がある

これまで志望動機について様々な点をお伝えしてきましたが、志望動機以外にもアピールできる部分は沢山あるのです。

例えば、履歴書や職務経歴書などにある「自己PR欄」。
ここでも体力がある点などをアピールすることができます。

体力を使う仕事の経験者の場合

自動車関連の仕事や期間工の仕事をしたことがなくても、これまで体力を使う仕事をしていた方はその経験がアピールポイントになります。

特に気温が高い場所での作業や重い物を扱う仕事の経験は、期間工になっても生かせます。
そういった環境で仕事を続ける事ができたという経験をぜひともアピールしましょう。

期間工や自動車関連の仕事の経験者の場合

期間工の経験や自動車関連の仕事の経験がある人は、その点を必ず記載しましょう。
自動車メーカーとしては、即戦力を採用したいと考えています。
自動車関連経験者は重宝されますので、内定率がぐっとアップしますよ。

しかも、自動車期間工の経験者は、経験者手当の対象になる場合があります。
会社によっては、最初から時給が高く設定されることもあります。
何もしなくても収入アップに繋がるので、経験者はしっかりアピールしておきましょう。

 

自動車期間工の採用で内定の確率を上げるためには?

自動車関連は派遣元によって内定率や待遇が全く異なる世界です。
「どの派遣元を選ぶか?」で、入社しやすかったり、待遇が良くなったりするのです。

だから、自動車関連の期間工をするのならば、「派遣元」にこだわって探すことが重要なのです。

沢山ある期間工サイトの中でも、自動車関係に特化して働きたい方への一押しサイトは、有名メーカー30社以上を掲載している「期間工.jp」。
「期間工.jp」には、自動車メーカー、自動車関連部品メーカー、タイヤメーカーなどの、自動車産業関連の一流企業の求人が多数掲載されています。

「期間工.jp」をオススメする理由は、ズバリ「内定率の高さ」と「入社祝い金や満了金が多い」からです。
年間4000名以上を紹介し、内定率は「89.9%」。
キャンペーンなどを併用すると、最大で約40万円の手当をもらえることもあります。

期間工.jp利用者によると、面接というよりも「面談」といった形式で行われます。
あなたの良さや強みをアピールしてみましょう。

-期間工
-, , , ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.