ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

転職

工場を辞めたい方へ!考えるための4つのステップ

更新日:

性別年齢、経験があまり問われないことで、門戸が広い工場勤務。
単純作業の繰り返しなので「楽勝」と思われがちな工場勤務ですが、実は向き不向きがはっきり出る働き方なのです。

毎日決められた仕事をこなすだけの工場勤務を辞めたいと考えている方って、意外と多いのです。

今回は、工場勤務に向いていない人の特徴から辞めたい理由を分析してみました。
他にも、工場勤務に向いている人の特徴や工場勤務からどんな転職先があるかもまとめています。

 

工場勤務に向いていない人の特徴に見る「工場勤務を辞めたくなる理由」

工場勤務に向いていない人の特徴には、いくつかのパターンがあります。
そこから工場を辞めたくなる理由を分析してみましょう。

無言の環境が耐えられない人

工場勤務は他の仕事と違って、仕事中に会話をする機会が極端に少なくなります。
一人でライン上に流れてくる製品をせっせと組み上げる作業の繰り返しです。

特に食品系では、品質保持のために「私語厳禁」を徹底している所がほとんどです。
休憩時間以外に言葉を発してはいけないということは、想像以上にきつい面があります。
周囲の人とコミュニケーションを取りながら仕事をすることが好だったり、得意な人にとっては、つらい職場になってしまいます。

毎日、単純作業の繰り返しが耐えられない人

工場の仕事は、決められた場所で、決められたものを、決められた手順で処理していくものです。
1日だけだとしても、8時間も同じことを繰り返すって、結構つらいことです。
そんなスタンプで押したような作業を、毎日毎時間繰り返すことになります。

1日の中で色々な作業を並行して行ったり、さらに上を目指せるような働き方が好きな人にとっては、変化のない働き方はつらくなってしまいます。

達成感を感じたい人

工場の仕事では、扱う商品によっては仕掛品の状態でしか目にすることがないので、製品として完成させたという実感が湧きにくいです。
生産目標はありますが、自分がどの程度貢献できているのかが分かりにくいです。

もし目標を達成したとしても、相手が物なので、お礼を言われたり、達成感を共有することができません。

顧客から感謝されたり、チームで達成感を共有したいタイプの人は、やりがいを感じられないことが原因で辞めたいと考えるようになります。

固定シフトで働きたい人

工場の仕事は生産目標によって稼働率が変わってきます。
忙しくなってくると、当然稼働する時間も長くなります。
残業で対処できない場合は、夕勤や夜勤のシフトも稼働させることになります。

日勤のみや今の勤務シフトで生活のリズムが出来上がっている人にとっては、交代勤務や変則シフトがつらくなってしまいます。
体力的にしんどかったり、体調を崩したりしたことで、工場勤務を辞めたいと考えるようになります。

極度に不器用だったり、注意散漫な人

工場の仕事の中では、多少手先の器用さやコツが必要な部署もあります。
多くの方は練習していく中で習得できるレベルの作業ですが、中には極度に不器用だったり、注意力に欠ける人が配属されることがあります。

そうなると、ミスや不具合のある製品に仕上がる確率が、他の人よりも高くなってしまいます。
新人の頃はまだ許されたとしても、勤務期間が長くなるにつれて、周囲から冷遇されたり、叱責されやすくなってしまいます。

工場勤務では、ミスや事故は改善策を考えて上司に報告しなければなりません。
上司には改善義務があるので、「なぜミスをする?」、「どうすれば間違わない?」といったように責められる機会が多くなります。

ミスを減らせない自己嫌悪も重なり、精神的なつらさに耐えられなくなって辞めたいと考える人が多いです。

 

こんな人は辞めちゃダメ!工場勤務に向いてるタイプ

工場勤務に向いていない人の特徴をご紹介しましたが、今度は工場勤務に向いている人の特徴をご紹介しましょう。

無心になって仕事がしたい人

工場の仕事は決められた作業の繰り返しが多いです。
電話などの他の用事の対応のために中断しながら作業をこなすことが苦手な人には、「黙々とこなせる」という点で向いていると言われています。

作業に慣れてくれば、無意識レベルで製品を造ることもできるようになります。
実際に、仕事中に全く別の事を考えながら仕事をしている方もいます。
単調な作業をこなす方が向いていると思う方は、流れ作業の部署への配属希望を出しましょう。

単純作業をやり続けることができる人

工場の仕事は、単調な作業の繰り返しです。
ですので、単純作業をやり続けることが苦痛でない人の方が向いています。
1日に何百回、何千回と同じ作業をしなければならないので、次第に飽きてきます
それでも手早く、正確に作業をこなせる方は、工場勤務に向いています。

人付き合いが苦手な人

工場勤務の特徴として、仕事中に人とあまり話さなくてもよいという点です。

来客時も他のスタッフが対応するので、接客することもありません。
作業中はチームで声掛けが必要な部署でない限り、黙って作業になります。
休憩時間も一人で食事を取っている人は珍しくありません。

工場にいる間にそれほど人と接しなくても良いという環境は、人付き合いが苦手だったり、話すことがあまり得意ではないという方にとっては必要以上に気を使わないで済んだり、働きやすさにつながります。

決まったルーティンワークだけをこなしたい人

工場の仕事は、決まった時間内に決まった作業をこなすことを求められます。
内容もほとんど同じです。
なので、毎日自分で日程や工程を考えて行動しなければならいことが苦手な方にとっては、働きやすいと感じやすいでしょう。

毎月、安定した収入を得たい人

工場の仕事は、ほぼ労働時間に対する対価ですので、毎日出勤して作業をこなせば、一定の給料が毎月もらえます。

営業職のようにノルマの達成度合いによって給料が増減することが嫌な方には向いている労働条件です。
残業を積極的に行うことで、さらなる収入アップも望めます。

 

工場勤務を辞めたくなったらどうする?

工場の仕事がつらくなって、辞めたいと考えてしまう事ってありますよね。
ただ、勢いで辞めてしまうと、後で別の苦労を背負い込んでしまい「失敗した…」と感じてしまいます。

辞めることはいつでもできます。
辞めるにしろ、続けるにしろ、働き方の問題点を知ることがとても重要です。
まずは今できることに目を向けてみましょう。

辞めたい理由をよく考えてみる

そもそもどうして「辞めたい」と考えるようになったのでしょうか?

単純作業が嫌になった?
職場の人間関係に悩んでいる?
給料が不満?
違う仕事がしてみたい?

辞めたい理由が見えてきたら、次は「どうなれば悩みが解決するか?」を考えましょう。

例えば、
単純作業が嫌 → もっと複雑な仕事がしたい
職場の人間関係に悩んでいる? → ○○と一生でなければ、働き続けられる
給料が不満? → あとどれくらい稼ぎたい
違う仕事がしてみたい? → ○○な仕事がしてみたい

一歩踏み込んでみると、自分が望んでいる働き方が見えてきませんか。
では、これらの希望をどうやって叶えるかを考えていきましょう。

今の職場で、その問題を解決する方法はあるか?を考える

今の働き方に不満があるからといって、いきなり辞める必要はありません。
むしろ、一歩踏みとどまって、周囲を見回してみましょう。

転職面接の際に、必ず離職理由を聞かれます。
「○○が嫌だった」とだけ語る人。
「○○が嫌だったので改善策を模索したが、その会社では解決しなかったから転職する」と語る人。

採用するとしたら、どちらが魅力的ですか?
同じ理由でも退職前に改善策を講じた方が採用担当者には高評価です。
もし現職で解決できる悩みであれば、転職活動で苦労をしなくてもいいのですから。

というわけで、今の職場でアナタの悩みが解決できないか?を考えていきましょう。

単純作業が嫌になった? → もっと工程数が多かったり、複雑な部署に異動する
職場の人間関係に悩んでいる? → 上司や人事に相談して、配置換えをしてもらう
給料が不満? → 残業を増やしたり、もっと給料が良い部署がないか調べてみる
違う仕事がしてみたい? → 違った作業をしている部署に異動する

例えばこういった対策法が挙げられますが、人事異動が必要となってきます。
上司に相談して、希望の部署に異動できるのであれば続けるといいでしょう。
希望を出しても聞き入れられないと分かったならば、転職も視野に入れて考えましょう。

転職前にこれだけは知っておこう

工場勤務を辞めて他の職種に就く場合、これだけは心に留めておいて下さい。
他の職種に就くメリットもありますが、工場勤務では遭遇しなかったデメリットに直面することもあります。
例えば、
・コミュニケーション能力を求められる
・自分で仕事のやり方やスケジュールを考えて実行しなければならない
・人間関係が密
・ノルマが給料に直結している
などです。

工場という環境だからこそ許されていたことが、異業種、異職種ではメリットだったんだと気付くことがあります。
アナタにとって「向いている働き方」や「働きやすい環境」とは何かをしっかり考えた上で、転職活動に行かせてもらえたらと思います。

 

工場勤務からの転職先は?

工場勤務で得られるスキルは、専門性が高く特殊なことが多いです。
ですので、異業種の工場に勤務したり、全く別の仕事に就くというパターンが多いです。
では、工場を辞めた人はどんな仕事に就いているのでしょうか?

人と関わることが苦手でない場合

・事務職
・営業職
・福祉職
・工場の購買部

ルーティンの仕事を軸に、状況に合わせた働き方が求められます。
これらの仕事は、コミュニケーションに基づいて仕事が進んでいきます。
相手から感謝されたり、目標を達成した際に共感してくれる仲間がいるので、工場勤務独特の無機質な部分がつらかった方にはやりがいが感じられる働き方になるでしょう。

黙々と仕事がしたい場合

物が相手の働き方はあっているけど、もっと達成感が欲しい方には、
・エンジニア
・IT関連職
という道もあります。

これらの仕事は、まず仕様書にしたがって、コーディング作業をしていきます。
機械を相手に黙々と作業をする仕事ですが、自作したプログラムが動くという達成感もあります。

人との関わりが薄い仕事がよい場合

人間関係は薄い方が働きやすい人は、
・ビルのメンテナンス
・警備員
などの仕事に就かれています。
ショッピングモールなどの配属にならない限り、接客要素を求められることは少ないです。

 

選択肢は他にもある

工場勤務で得られるスキルは、本当に特殊です。
だから「工場以外に転職できないんじゃない?」と考えて、辛い状況から抜け出せなくなっている方もいます。

でも、どうしたらいいか?迷っている間も、あなたの心や身体はどんどん疲弊していきます。
今の職場での待遇が変わらないのであれば、できるだけ早く行動することをオススメしています。

では、転職するならば、いつがいいのでしょうか?
転職しようと思い立ったのであれば、年齢が高いほどすぐに行動をスタートさせてください。
転職市場では、1歳でも若い方が市場価値が高いと言われています。

20代は勿論、周囲の人を見まわしてみても大体30代くらいまでならば、未経験の業種でも転職の可能性があります。

そうなると「どんな仕事に転職できる可能性があるのか?」や「どんなことから転職活動を始めたらいいか?」といったことが知りたくなると思います。

自分の市場価値や強み、民間企業への転職の仕方を知りたいのならば、転職希望者と人材を探している企業を結び付ける「転職エージェント」と呼ばれる会社に相談してみるといいです。

転職エージェントでは、
・現職の問題点をカウンセリング
・あなたのスキルや経験、強みを分析し、向いている働き方や市場価値をアドバイス

・「世の中に出回っていない求人情報」の情報提供
・面接対策
・応募書類の添削
などのより良い転職を叶えるための様々なサポートを無料で受けることができるんです。

転職エージェントって敷居が高そうですが、実は「辞めるかどうか迷っている」方にこそ利用してもらいたいサービスです。
転職のプロが客観的に辞めたい理由やあなたの適性をアドバイスしてくれるので、転職の決意や方向性が固まりやすと評判です。

数あるエージェントの中でも特にオススメしているのが、求人数、紹介実績ナンバー1の「リクルートエージェント」。

老舗ならではのビックデータから、あなたの市場価値や内定の可能性の高い求人を幅広く紹介、サポートしてくれます。

世の中には、様々な仕事や働き方があります。
工場で働くよりも、労働環境や給料の良い仕事は他にもあります。

「辞めてしまったら、次の仕事はない」なんてことはありません。

どんな可能性が自分にあるか?
まずは知ることから始めませんか。

-転職
-, , , , , , ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2018 All Rights Reserved.