ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

看護師転職

看護師達が自信喪失する理由と対処法!今の職場で辛くない?

更新日:

どんな仕事でも、自信喪失してしまう事ってありますよね。
激務で責任感の重い看護師さんも、色々な要因で自信喪失してしまうことがあります。

自信喪失した状態で看護師として勤務するって、本人にとっても、患者さんにとってもあまりいい環境とは言えませんよね。

今回は、「看護師さんが自信喪失してしまった理由例」や「対処法」をまとめてみました。

 

看護師の自信喪失のきっかけは?

新人、ベテラン問わず、看護師さんが自信喪失してしまうきっかけって何だったのでしょうか?
もしその傾向が分かったのならば、解決法も見つけやすくなりそうです。

 

仕事が遅い

自分だけがいつも仕事が終わるのが遅いと凹んでしまいます。
同期はもっと早く終わらせてるのに…。
私、看護師に向いていないのかな?

看護師の仕事は時間がネックになる業務も含まれてはいます。
しかし、変に焦ってはインシデントを引き起こしてしまいます。

特に新人の場合、なかなかプリセプターが取れないと焦ってしまいますよね。

他人と比べて自信喪失する前に、仕事の早い先輩はどうしているのか?観察したり、相談に乗ってもらいましょう

 

ちょっとしたミスを連発した

ある看護師さんは、同じ患者さんの採血や処置を続けて失敗。
他の看護師にして欲しいとクレームが入って、担当をはずされていましました。

医療現場でのミスは、生命に危機に直結する場合もあるので、患者さんサイドもナイーブになっています。
もし失敗してしまっても、「またミスするかも」といったネガティブなことは考えず、上手くできることだけをイメージして処置してみましょう。

患者さんと会話したり、リラックスしてできる方法を見つけてみるのも良いでしょう。

 

自分だけあたりがキツい先輩や上司がいる

上司にやたら怒られる。
同じことをしても、なぜか自分だけが先輩から怒られます。
特に他のスタッフの前で吊し上げのようにターゲットにされると、自信喪失してしまいます。

インシデントにつながるようなミスをしてしまったのならば、怒られることは仕方ないでしょう。
しかし、他のスタッフも同じミスをしているのに不問だったり、吊し上げに合うのはパワハラにあたる場合があります。

心身のバランスを崩す前に、他の上司に相談するなどの対策を取っておいた方が良いでしょう。

 

コミュニケーションが上手く取れない

看護師さんは人と接する仕事です。
スタッフ間は勿論、患者さんともコミュニケーションを取っていかなければなりません。

けれど、上手くコミュニケーションが取れず、患者さんと良好な関係が築けないことが原因で「看護師に向いていない」と自信喪失してしまう看護師さんもいます。

話すことが苦手ならば、無理に話さなくてもいいんですよ。
いつもニコニコしていたり、相槌を打つタイミングを研究して聞き上手を目指してみるのも良いでしょう。

 

後輩が全く成長しない

新人の指導役をしていますが、全然成長しません。
メモを取るなどの基本的な事だけでも、もう何十回も伝えているのに…。
何かあるたびに上司に叱られるのは私。
後輩看護師の指導に向いていないのか?と自信喪失してしまいます。

昨今は人手不足もあり、上層部から「厳しい指導の禁止」を言い渡されている医療機関もあります。
本当はガッツリ怒りたい場面で怒れないって、ストレス溜まりますよね。

まずは、自分を責めすぎないこと

そして、その子の長所短所をもう一度よく見たり、同僚の視点からのアドバイスや直接注意してもらうなどの協力を求めてもいいでしょう。

 

まずは勉強してみよう

自信喪失している状態から抜け出すために、できることから始めてみましょう。

 

○練習や勉強する

失敗してしまった処置、知らなかった知識など、出来なかったことを取りこぼさないように勉強しましょう。
きちんと予習復習することもその一環です。

もし看護学校時代からの知識不足が原因ならば、基礎から勉強し直してみましょう。

大変ですが続けていくことで、一回りも二回りも成長できるチャンスだと思ってください。

 

○セミナーなどに参加してみる

自分で自習しても、自信回復までに至らない場合は、外部の力を借りましょう。

例えば看護協会などが実施しているセミナーに参加してみるのもいいですよ。

 

自信喪失した看護師さんが他にもやっていること

勉強以外でも、自信喪失している看護師さんがモチベーションを維持するためにやっていることをご紹介します。

 

○頑張る期限を決めてみる

自習しても、できることを頑張ってみても環境が変わらないのならば、自分で頑張れる期限を決めてもいいでしょう。

そこまでは頑張ってみて、どうするか決めてもいいんですよ。

 

○ポジティブな鈍感になる

自信喪失している時って、失敗したことを引きずりますよね。
でも、それではあなたが潰れてしまいます。

重大なインシデントはいけませんが、患者さんの生命に直結しないようなミスはいちいち気にしないというのも、対処法の一つです。

先輩に怒られた時も、反省しつくした後は「誰でもミスることはあるし、次気を付けよう」位に思ってもいいんですよ。

 

○生活のためと割り切る

まず、あなたは国試をパスし、辛い病院自習もクリアできた時点で、看護師としての資質を持っているのです。
けれど、看護師を続けている自信喪失しているのならば、「生活のため」と割り切って考えてもいいんです。

たまには給料が入ったら、ご褒美に何を買うか?といったことを考えて、やる気を維持してもいいんですよ。

 

今の職場、本当にあなたに合っていますか?

色々試してみても自信喪失したままならば、もしかすると看護師の仕事というより、「今の環境」があなたに合っていないのかもしれません。

実際に、病棟勤務よりクリニック、急性期より慢性期が向いていて、転職後に管理職にまで出世した看護師さんも沢山います。

異動という手段を使って解決する場合もありますが、給与面の不満や人間関係に悩んでいる人の場合は、他の医療機関へ移ることで自信を取り戻せたという方もいますよ。

 

他の医療機関への転職も視野にいれているのならば、看護師転職のプロである「転職エージェント」に相談するといいですよ。

転職エージェントでは、

・自信喪失している理由の分析
・自信を取り戻すための対処法
・あなたの志向性やこれまでの経験やスキルを活かして、活躍できそうな医療機関の紹介

などを行ってくれます。

 

利用満足度NO,1:看護のお仕事


看護のお仕事は日本最大級の看護師求人サイトです。
それゆえに、他社に比べてこれまでのサポート実績が圧倒的に多いですね。

  • 他の病院の内情を詳しく知りたい
  • 今すぐ辞めたいけど、あと一押しが欲しい
  • 給料を上げたい&休みが欲しい

こう思っている方にオススメです。
これが全て無料でサポートが受けられます。
看護のお仕事はサービス面において、満足度NO,1なのが伺えますね。

看護師のお仕事では、「看護師が長続きしない病院は避けている」といわれるほど、ブラック病院を避けて紹介してもらえます。
自信を取り戻すことにつながるような、快適に働ける医療機関を紹介してもらえます。

自信喪失は、看護師として誰もが通る道です。
辛いですが、成長のチャンスでもあることを忘れないでくださいね。

-看護師転職
-, , , , , , , , ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2018 All Rights Reserved.