ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

看護師転職

先輩ママ看護師の働き方!求人はどう探してるの?

更新日:

%e6%af%8d%e5%ad%90

女性が多い職場である看護師。
しかし、結婚や妊娠をきっかけに、不規則な勤務体系や激務などが原因で看護師を続けることを断念してしまう方もいらっしゃいます。

そのまま家事や育児に専念できるのならば良いですが、様々な理由で看護師として復帰しなければならないママ看護師もいます。
特にまだお子さんが幼いママ看護師が復職することはできるのでしょうか?

今回は、復職した先輩ママ看護師が選んだ、ママ業と両立できる働き方をご紹介します。

 

日勤のみや残業なしの職場を選ぶ

%e6%98%bc%e9%96%93%e3%81%ae%e7%97%85%e9%99%a2%e3%80%80%e5%a4%96%e8%a6%b3

独身や子供がいなかった時は、夜勤でも残業でも問題なくこなせていたけど、結婚や出産でライフスタイルがガラリと変わってしまった看護師さんは沢山います。
旦那さんだけなら自分で適当にご飯を済ませてもらうこともできましたが、子供がいるとそういう訳にはいきません。

また旦那さんが時間に不規則な職業だったり、実家が頼れない場合、育児をシェアすることも難しいでしょう。
料理や食事介助、入浴、着替え、寝かし付けなど、育児は想像以上に体力を使うためヘトヘトになってしまい、とてもじゃないけど変則勤務なんてやってられません。

やらなければならない項目が多い夜は、家庭のことを優先したいと考えているママ看護師もいらっしゃいます。

そう考えているママ看護師さんは、「日勤のみ」や「夜勤なし(や少な目)」のクリニックやデイケア、病院を選んで勤務しています。
保育園がお迎えの時間に厳しい方は、「残業なし」の医療機関を選んでいます。
残業なしでなくても、「残業しない体質」の医療機関でも、定時に帰る事を前提に仕事を進めているので、ママ看護師には働きやすい環境になっています。

 

土日祝日休みの職場を選ぶ

%e3%82%ab%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%bc

お子さんが通園している場合、土日に参観日などのイベントが行われることが多いでしょう。
日頃、子供と接する時間が短かったり、園での様子が気になるママ看護師さんとしては、ぜひ参加したいのが親心でしょう。

特にイベントがなくても、旦那さんやお子さんと週末にゆっくり過ごしたいと考えているママ看護師さんもいらっしゃいます。

週末にプライベートな時間を持つことを重視しているママ看護師さんは、「土日祝休み」のクリニック、病院や土日祝日が休診の外来勤務を選んでいます。

ただし無床クリニックの場合、看護師の人数が限られているため、勤務日に残業が発生しやすくなります
院長によっては、勤務以外の用事で休日に呼び出されたりすることがあるので、「本当に土日祝日は出勤しなくてよいのか?」や「スタッフの勤務時間」などの実態を調べておいた方が良いです。

 

時短制度を利用する

%e6%99%82%e8%a8%88

3歳未満のお子さんがいるママ看護師ならば、ある程度、自分で退勤時間を決めることのできる「育児短時間勤務制度」を利用することができます。
常勤看護師として時短制度を利用するには、1日6時間勤務が必要です。
この時間をクリアしていれば、常勤として雇用が続き、福利厚生を受けることもできます。

しかし、残念なことに全ての医療機関で時短制度が問題なく使えるとは限りません。
経営陣や上司が制度自体を知らなかったり、知っていても故意に取得させないようにしている悪質な病院もあります。

入職前に時短制度が周知され、きちんと機能しているかを確かめておく必要があります。
病院見学や部署内の看護師の構成について聞いてみると、ママ看護師が働きやすい環境かどうかの判断材料になります。

 

院内の託児施設を利用する

%e7%a9%8d%e3%81%bf%e6%9c%a8%e3%81%a8%e5%ad%90%e4%be%9b

医療機関によっては、24時間体制で子供を預かってくれる託児施設を併設している所もあります。
夜勤の時も出勤前に子供を預けることができるので、夜間も安心して業務に集中できます。

自治体の保育施設では、家からも職場からも遠い所に決まってしまうと送迎が大変という問題があります。
しかし、院内保育ならば時間的にもロスもなくなります。

急に子供が体調を崩してもすぐに引き取りに行けたり、時間によってはそのまま受診することも可能なのも働くママとしては恵まれた環境になります。

最近では院内に「病児保育施設」も運営している医療機関もあるので、お子さんが回復期に入れば最小限の欠勤で職場に戻ることもできます。

 

ママ看護師が仕事と育児の両立に悩んだら

%e6%8c%87%e3%81%95%e3%81%99%e7%9c%8b%e8%ad%b7%e5%b8%ab

休職されている方は、アナタが復職した時にこういった働き方ができる病院でしょうか?

夜勤が免除されなかったり、休日や定時後に勉強会へ強制参加させられたり、子供が急病でも休ませてもらえなかったり…。

「女の敵は女」ではないですが、「時短で定時上がり」や「子供の病気で欠勤」を快く思っていない看護師が多い職場もあります。
制度はあっても、職場がそんな風潮だと無駄に気疲れしそうです。

そして家に帰ったら、家事と育児でバタバタしている内に1日が終わる。
利用できる制度を利用しても、思い切ってできるだけ家事を外注したとしても、殺人的に時間に追われているのならば、その病院はママ看護師が働くには向いていない環境なのかもしれません。

以前、出産前から勤務していた病院に復職したものの、院内保育もなく、時短も上手く機能していないことに悩んでいた先輩ママ看護師がいました。
出勤前、退勤前にたった30分勤務が短くなることでゆとりが持てるのに、それも叶わず…。
半年ほど頑張ってみましたが、結局、仕事と育児がしやすい環境の病院に転職しました。
その結果、以前に比べて、精神的にも、時間的にも余裕のあるライフスタイルが実現できました。

ちなみに育児と仕事の両立を叶えた彼女が相談したのは、、

利用満足度NO,1:マイナビ看護


マイナビ看護は日本最大級の看護師求人サイトです。
それゆえに、他社に比べてこれまでのサポート実績が圧倒的に多いですね。

  • 他の病院の内情を詳しく知りたい
  • 今すぐ辞めたいけど、あと一押しが欲しい
  • 給料を上げたい&休みが欲しい

こう思っている方にオススメです。
これが全て無料でサポートが受けられます。
看護のお仕事はサービス面において、満足度NO,1なのが伺えますね。

時短制度や院内保育設備のある病院はもちろん、実際の勤務時間や休みの取りやすさなど、面と向かっては聞きにくい内容も応募前に教えてもらえます。

場合によっては、専任コンサルティングが病院側に労働条件の交渉も行ってくれます。

仕事と育児のバランスで悩んでいるママ看護師さんも、これから復職を考えている方も、条件次第で家庭と看護師の両立が叶えられます。

一度、相談してみてください。

-看護師転職
-, , , , , ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2018 All Rights Reserved.